« フェザークラフトオーナーズミーティング | トップページ | 多摩川ダウンリバー »

2004/10/25

三浦海岸から荒崎まで

奥松島の次の週末、以前からやろうやろうと思いながらなかなかできないでいた、三浦半島南部のワンウェイ漕行。

DSC00508a京浜急行三浦海岸駅で降車し、三浦海岸でカフナを組み立てて出艇。北東のやや強い風を真横に受けながら雨崎を周り、風が後ろからに変わるのを感じながら、追い波・追い風に煽られるように劔崎へ。この辺では既にチョッピーな三角波が複雑にからんで非常に漕ぎ難い。

DSC00512a

安定の良いカフナなので、沈するような不安は感じないのだが、やはり気を抜けない状態が続く。時々でかいブーマーが海面から現れ、やはり緊張を強いられる。

DSC00542a

横瀬島、宮川沖を進むが、風は相変わらず後ろから強く吹いており、南からうねりも入ってくるため城ヶ島の南側もそこそこの波がたっている。ゆっくり景色を眺める余裕もなく漕ぎ進み、時折みせるブーマーの波で艇が揺られる。

城ヶ島を過ぎて西岸に入ると今度は向かい風が強くなってきた。デッキに結構な波が被る。
それでもひたすら漕ぎ進み、小網代湾に入ってやっと海面が落ち着いてきた。何度来ても小網代湾は穏やかである。湾の干潟で艇を降り、遅めの昼食をとりしばしの休憩。三戸浜を廻って荒崎を目指す。

DSC00558aあいかわらず、北風と南からのうねりでチョッピーな波が立つが、このうねりで荒崎のどんどん引きは海水がまっ茶色に濁っており残念であった。今回はここで諦め、一旦戻るような形で長浜に向かう。

丁度、先週に引き続きのフェザークラフトミーティングが長浜で開催されており、ダグさんやA&Fの社長、セタスの笠原さんらが浜にいた。皆さんとちょこっと話をして艇を撤収してバスで京急を使って岐路についた。

|

« フェザークラフトオーナーズミーティング | トップページ | 多摩川ダウンリバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/3518286

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦海岸から荒崎まで:

« フェザークラフトオーナーズミーティング | トップページ | 多摩川ダウンリバー »