« ハンモックテントからの眺め | トップページ | 今日の1枚 »

2005/06/04

Playback Amami 2004

「2005奄美シーカヤックマラソンin加計呂麻大会」まであと1ヵ月。

色々考えた末、今年も奄美のシーカヤックマラソンに参加する事にした。
レース後のツーリングには行けないけど、加計呂麻・大島海峡の蒼い海を思いっきり漕ぐ爽快感、ゴール後の達成感、そして瀬戸内町挙げてのお祭りレースに今から心躍る今日この頃。一応レースなんだけど、順位なんて気にせず楽しんできたいと思う。
あとは無事休暇が取得できるかどうか...これが一番難関かも知れない。

と言うことで、Playback Amami 2004.  <special thanks to sun.one.>

DSC01628a 左:完漕証明書と大会パンフレット。
表紙のイラストは伊藤孝志画伯の愛艇ファルフォークベルーガ。勿論、画伯もこのベルーガでレースに参加していた。

DSC01630a右:パンフレットの裏は、ヘネシーハンモック...この雰囲気が南の島にとても良く似合う。僕も、いつかハンモックで南の島をツーリングしたい。

amami_04070504a 右:レース翌日のツーリング。加計呂麻島金クビリ崎の名も無き海岸。
偶然、スパークルの北田さん、伊藤孝志画伯、斉藤潤(ホーボー・ジュン)氏、小雀陣二氏・・・ら著名人グループと居合わせた。「海風2号」によると、彼らはこの後、無人島にて至福の時を過ごしたようだ。photo by sun.one.

amami_04070506a左:大島海峡とフェザークラフト・カフナ。海の色が蒼い。
photo by sun.one.

amami_04070507a右:加計呂麻島側の無人の浜でキャンプ。夏の奄美ではフルフライのアウトランドは暑かった。ハンモックテントなら涼しいかな。
photo by sun.one.

|

« ハンモックテントからの眺め | トップページ | 今日の1枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/4405769

この記事へのトラックバック一覧です: Playback Amami 2004:

« ハンモックテントからの眺め | トップページ | 今日の1枚 »