« 奄美空港にて | トップページ | 加計呂麻ツーリング »

2006/07/06

奄美シーカヤックマラソン最終結果

と言うことで、昨夜奄美から帰ってきました。

既に瀬戸内町HPにレース結果が掲載されているが、3年目のレース結果は以下のとおり。( )内は2005年リザルト

1人艇総合順位:40位(53位)
ファルト部門:4位(6位)
HP結果速報では5位になっているが、Cクラスの3位は間違い。

結局、今回も入賞できず...ただ、3位とのタイム差が14分もあるので納得である。

それにしても暑いレースであった。
距離は、昨年、一昨年のショートコースから約4km延びた従来の36kmコースと言うこともあり、後半はかなり疲労が溜まって結構辛かった。
タイムも気になるが、各チェックポイントで飲む麦茶や、バナナやレモンの砂糖漬けがめちゃくちゃ旨い。暑さで2L近く用意したアミノ酸入りハイドレーションも途中で無くなってしまい、最終チェックポイントの表小島では、思わず頭から冷水を掛けて貰って元気を取り戻す。

Dsc03575
最終チェックポイントの表小島。ここの海の蒼さもなかなかのもの。

表小島からは古仁屋まで一直線。最後のラストスパートなのだが、なんと大型タグボートが進路を横切り、通過待ちで数分を失ってしまう。しかも、ゴール目前で沖合いから近づいてきたリジッド艇に後10秒と言うところまで追い上げられ、最後は必死になって漕ぎきったからかなり体力を消耗してしまった。

いつもながら、地元の皆さんの熱い声援と暖かいおもてなしに感激することしかりである。
最近では徐々に参加者人数も減ってきているようで寂しい限りだが、日本屈指の大イベントにかける地元の熱意が感じられる。

ISOSHIGIのマスターによると、昔はもっとお祭り騒ぎで、参加者も今ほどタイムや順位に拘らず、前夜遅くまで飲み明かしてレースを迎えるなど、おおらかさがあったようだ。
レース本番では思わず気合も入るが、奄美の島時間同様、来年はもっともっとのんびりとレースを楽しみたいものだ。

060702skm
GPSによるトラックデータ。嘉鉄~渡連および表小島~古仁屋で距離をロスしてしまった。
青線は予め登録していたルートだが、実際漕ぎながらGPS画面のルートを確認している余裕は無かった。

Dsc03560 Dsc03577
地元TVのインタビューを受ける"ほから"氏。有名なFaltboat Paddler's Netの管理者である。
今回、5年越しの念願叶っての初参加だとか。お隣はお仲間の"ようちゃん"さん?

|

« 奄美空港にて | トップページ | 加計呂麻ツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/10812579

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美シーカヤックマラソン最終結果:

« 奄美空港にて | トップページ | 加計呂麻ツーリング »