« 日本橋 | トップページ | Sea-Dweller DEEPSEA »

2008/03/30

江東区お花見ツーリング

と言っても、宴会目的や自転車で巡るツーリングなどではない。

江東区内および隣接区との境界線を流れる川をカヤックで巡り、川沿いの桜並木を水面から眺めようって魂胆である。

コースは、江戸川区側の荒川河川敷から荒川ロックゲートを潜って旧中川を少し遡り、小名木川から西に向かって扇橋水門を越え、大横川~平久川~再び大横川と桜を眺めつつ隅田川に出て南に向かい、中ノ島で上陸して昼食休憩。

越中島の海洋大学(旧東京商船大学)で明治丸を見学した後、豊洲運河~汐浜運河を通って、大横川~平久川~小名木川と来たルートを戻り、途中で横十間川,北十間川,旧中川と墨田区,江戸川区との境界線を流れる川を進んで、最後は小松川公園横でゴール。

まだ冷たい北風が少し残っていて肌寒かったが、快晴の春の日向を静かに桜を愛でたツーリングであった。

P3290914
乗り換え途中の地下鉄ホームにて。
荷物を減らすため、今回は2ピースのATパドルはなし。

P3290915
集合は都営新宿線東大島駅。
公共交通機関が発達した都内であるが、どうしてこう複雑で判り難い路線ばかりなのだろうか。

P3290918
荒川ロックゲートを見ながらカヤックの組立て。

P3290945
小名木川を西に進んで大横川に入るとそこには満開の桜が。

P3290949
川面に迫り出す満開の桜を下から眺める。

P3290954
賑やかな三味線の音が響いていたが、この一体以外は実に静かな雰囲気であった。

この後、隅田川に出たが、水上バスや観光船がひっきりなしに通行しており、その引き波と護岸された岸壁からの返し波が交わり、複雑で巨大な三角波に襲われる。

ここは気を抜くとマジで沈しそうだし、もし沈したらレスキューできないので相当危険なエリアである。(人工物って本当にコワい!)

なんとか頑張って南に500m進み、相生橋を潜って中ノ島に上陸。

P3290972
先週末の下見で見つけた上陸適地。

P3290962
漫画家、松本零士がデザインした水上バス「ヒミコ」。
「ティアドロップ(涙滴)」がイメージらしいが、何だか「蟲」みたいである。

各自持参した昼飯で空腹を満たした後、直ぐ隣の海洋大学(旧東京商船大学)で丁度一般公開中であった明治丸を見学。

1874年に灯台巡視船としてイギリスのグラスゴー造船所で建造された日本最古の鉄船。

P3290967
まるで、まだ海に浮かび「いつでも出航できるぞ」と言わんばかりの優雅な佇まい。

P3290969
130年以上も前に建造された船とは思えない美しさ。

余談であるが、かつての姉妹校であった旧神戸商船大学の「進徳丸」は、阪神淡路大震災で被災し、その後船体は解体されてしまい、現在はメモリアル施設にその一部が保存されるに過ぎない。(ちょっと寂しい)
この「明治丸」は、いつまでもここままの姿で保存されるのだろう。

P3290970
バウスプリット部からは豊洲の高層ビルやマンション群が一望できる。

「明治丸」見学後はツーリングも後半戦へ。

一部往路と同じルートを遡りながら、墨田区との境界線である横十間川に入り、北十間川~旧中川と、これまでとまた一味違った川相をのんびりと(ちょっと黙々と)漕いで行く。

P3290979
横十間川にもこのような桜並木が広がる。

P3290980
錦糸中(?)漕艇部(Rowing club)の練習風景。

P3290984
江東新橋を潜って旧中川へ。
人工的に作られた川原には違いないが、それまでの完全護岸された川縁に比べると、ずっと親水的である。

旧中川に入ると、両岸に自然の川原に見立てたバードサンクチュアリが広がり、川面近くまで芝生が広がり、区民の憩いの場となっているのが判る。

暮れ行く夕日を感じながら、残り1kmを黙々と漕いでようやく小松川公園のボート発着所に到着。ここで上陸してツーリングは終了。

P3290986
ゴール地の小松川公園横に到着。
Rowing Boatの発着場になっているところを拝借して上陸。

P3290987
各自、艇を乾かしたりして撤収。
ここから東大島駅までは300mほど。

このあと、各自艇を撤収&パッキングして解散。
各々のルートで帰路につく。
電車組みは、300mほど歩いて東大島駅から電車の人となった。

今回のツーリングログ。
Map_track
漕行距離23.5km。思いのほか距離がでた感じである。

|

« 日本橋 | トップページ | Sea-Dweller DEEPSEA »

コメント

墨田区の中学校にはいくつかボート部があるみたいですが、錦糸中学校もそのうちのひとつみたいです。あんな立派な艇庫があるなんて、すごいですね。今自分が中学生でボート部があったら絶対入りますね。

近所の旧中川でもボートやっているみたいですし、今後あのボート着き場を利用させてもらうこともあるかも知れませんから、一度ご挨拶がてら体験してみようかなあと思ったりします。
そういえばいつもは仙台堀川の公園でやっている和船漕ぎも少し経験してみたけれど、面白かったですよ。

投稿: 山猫 | 2008/03/30 18:31

おー大量なデータですな~~
雨降りませんでした?大阪は朝からズ~~っと雨。
わたしは仕事です。雨なのでお客さんは来ないので、楽ちんでした。まだ会社。

投稿: takahafu | 2008/03/30 19:08

山猫さん>

今回もお世話になりました。

体験ボート...
どうやらRowingにも興味が沸いたようですね。
中学,高校にはありませんでしたが、大学には僕が入部したヨット部の隣がボート部の艇庫でした。(反対側はカッター部でしたが)
全身の屈伸運動を使ったRowingはスピードも半端じゃなく、カヤックのパドリングとは全くの別物みたいですよ。

投稿: H Yoshida | 2008/03/30 22:51

takahafu君>

どもども、休日のお仕事お疲れ様。
大阪は朝から雨でしたか。
こっちも夕方頃から降り始めました。
今日もとりあえず休みにできましたが、明日からはまた忙しくなりそうです。

投稿: H Yoshida | 2008/03/30 22:55

ヨット部でいらっしゃいましたか。
昨年末、湘南のとあるイベントで海洋冒険家・白石康次郎氏に偶然遭遇し握手してもらって大感激でした。
海の男、あこがれます。

そーいえば、高校に漕艇部あったなぁ…。
当時はな〜んにも心に引っ掛かるところがなかったんだな、これが(笑)。

投稿: オータガキ | 2008/03/31 08:51

こんにちは,桜満開でよかったですね!
楽しそうで少しうらやましいでした。
やっと来週から仕事も落ち着く感じなので,漕ぎに行こうと思っています。何か面白い話があればお誘いください。
そうそうフジタの進水式も未だ出来ていない・・・

投稿: tetsuyak | 2008/04/02 12:09

もうそろそろ東京湾ツアーは、気温が上がってきてきつくなってきそうかな?そんなこともあってか?、NHKで羽田沖のシーカヤッキングをTVでやってましたね。反対側ですね。

投稿: 弁天 | 2008/04/03 23:20

オータガキさん>

白石康次郎氏と握手したんですか?
羨ましいです。
僕はヨットと言っても二人乗りディンギーでレースをやってた程度ですが、それでも白石氏のような外洋クルーザーには憧れますね。

ただ、大きさこそ違えど、艇に乗ったら自分がその艇の責任者(艇長)であることに変わりはありません。
シーマンシップに艇の種類や大きさは関係ないです。

投稿: H.Yoshida | 2008/04/04 19:11

tetsuyakさん>

お久しぶりです。
桜ツーリングは残念でした。

そろそろシーズンインのご様子。
是非、フジタの進水式もやりましょう。
また連絡させていただきます。

投稿: H.Yoshida | 2008/04/04 19:13

弁天さん>

> NHKで羽田沖のシーカヤッキング

これ見ました。実は知ってる人も映ってたんですよね。
羽田沖も漕いで見たいのですが、ただ、やっぱり人工物が近くにあると波が不規則だったりしてあまり好きではないです。
それに比べると、三浦南端の波のほうが複雑ですが、危険を感じるほどじゃないかな。やっぱり自然の波ですから。

投稿: H.Yoshida | 2008/04/04 19:18

先週の観桜会ではお世話になりました。
やはりジャストタイムのお花見でしたね、
桐生は今日満開です。
隅田川護岸はよく自転車で走る場所ですが、
見ると漕ぐでは大違い!良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

投稿: kawamura | 2008/04/05 09:29

kawamuraさん>

ども、お疲れ様でした。
都内の桜はもう随分散ってましたから、先週末が一番良いタイミングでした。また来年もやりましょう。

隅田川の引き波は、多分城ヶ島の波より酷かったと思います。もし沈したら、と思うとかなり緊張しました。
でも、かなり漕ぎの自信に繋がったんじゃないですかと思います。

投稿: H Yoshida | 2008/04/06 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/40689219

この記事へのトラックバック一覧です: 江東区お花見ツーリング:

« 日本橋 | トップページ | Sea-Dweller DEEPSEA »