« 時速7.3km | トップページ | 奄美の余韻...Iさんからの写真 »

2009/07/12

翌日は無人島へ

前日のレースの余韻を残しつつ、2泊3日の無人島キャンプツーリングに向け買出しとパッキングを行い、いざ青い海へと漕ぎ出す。



目的地は、加計呂麻のとある無人の島。



P7062006
強烈な日差しの下、出艇準備に取り掛かる。
ここはツーリングのスタート適地らしく、他のガイドツアーご一行も準備中であった。



P7062010



P7062011



しばらく、加計呂麻の岬伝いに漕いでいくと、遠くに目的地が見え始める。
楽園まではあと僅か。



P7062015



ようやく到着。



無人島ではあるが、すでに沖縄のサバニチーム「海想」が先客として浜で休んでいた。
徳之島へ向かう途中だが、時間調整のため今夜はここでキャンプをして、翌早朝出発する予定だとか。



P7062016



流木と石とハンモックで素敵な寝床を作っていた伊藤孝志さんに声を掛け、我々も隣のサイトに今宵のソフトハウスを設営する。



P7062033
「海想」チームのキャンプサイト。
手前のが、伊東孝志さんが流木とハンモックで作った寝床。
色々参考になりそうな工夫が盛りだくさん。



P7062027
我々もタープとテントを建て、寝床とダイニングを作る。



P7062029
MOSSのVISTA WING(手前)と、MSRのOUTFITTER WING(奥)。
大きさは違えど、変形7角形の美しいシルエットはどちらも同じ。
KさんとIさんはテントで、僕はVISTAの下でヘネシーハンモックを蚊帳代わりに寝床を作った。



P7062041
大潮なので、満月の明るい月明かりが闇を照らす。
写真は暗くて判り難いが、薄明かりの中にサバニのシルエットが浮かび上がる。



チーム「海想」の面々は、翌早朝、徳之島へ向けて出航していった。



翌日は、無人島探索。



島の裏側へ向かう途中の丘の上から大海原を望む。



P7072055



P7072056



そうこうする内に、ようやく島の裏側のビーチに到着。



急な坂道を注意しながら下る。



P7072059



P7072060
広大なビーチに自分達だけ...まさに「独り占め」なのである。



P7072061
干潮に近い時間帯なので、リーフエッジまで歩いて行ける。



早速、マスクを持って海へ。



こんなのや、



P7072062



あんなのが...



P7072065



いたるところで見ることができる。



P7072070



そして、いい年をした大人共が時間も忘れて潜ったり覗き込んだりするのである。



ただ...



この日は大潮なので、更に潮が引き、結局ビーチの殆どは干上がってしまった。



P7072082



午後は、冷たいビールと氷を求めて、集落まで買出し。



P7072085



P7072087
「氷」の暖簾の誘惑に勝てず、思わず皆でカキ氷。
おばちゃんお勧めの、レモンミルクがさっぱり甘くて美味。



帰りは、途中にあった海蝕洞窟に入ってみたり...



P7072088



午前中歩いていった裏のビーチを見に、島を一周したりしてキャンプサイトへ戻る。



P7072099
丁度、上げ潮が強い時間だったようで、所々で海面がざわついていてちょっと緊張する。



今夜の食材...途中でお会いしたガイドさんからの差し入れ。
(自分達で獲ったのではありません、念のため)



P7072101



こっちは、Iさんが釣り上げた魚(獲った時の姿がないのが残念)
Kさんが手際よく捌いて刺身に...山葵塩をちょっと振って頂くと旨い。



P7072103



そしてサザエは、網でつぼ焼きに...
醤油を垂らしてこちらも美味しくいただきました。



P7072107



日の出ならぬ、月の出...まるで太陽のように明るい。



P7072104



残念ながら、満月の月明かりで七夕の星空は楽しめなかったが、我々3人しかいない楽園のビーチはうっすらと明るく、ビールと黒糖焼酎そして旨い肴に舌鼓を打ちながら、今回のレースやツーリングを振り返りながらカヤック談義に花が咲き、奄美の最後の夜も更けていったのである。



|

« 時速7.3km | トップページ | 奄美の余韻...Iさんからの写真 »

コメント

ひょえーっ。まさに楽園!
いいいいですね。
仕事を忘れて逃避行したい。。。

投稿: tetsuyak | 2009/07/16 23:26

tetsuyakさん、

奄美、良かったですよ-。

> 仕事を忘れて逃避行・・・

今もまだ余韻で頭の中は逃避行モードです。笑)

投稿: H Yoshida | 2009/07/17 23:38

奄美の浜では
夜明けと共に出航するサバニを
見送ってくださりありがとうございました。

また海でばったり再会できる日を楽しみにしています!

投稿: 海想 | 2009/08/17 22:56

海想さま

コメントありがとうございます。

こちらこそ、折角の無人島なのに、サイトのお隣にお邪魔させて頂きありがとうございました。
南の島で見る実物のサバニは美しく、格好良かったです。
また沖縄に行ったときにはお店にも寄らせていただきます。

遅ればせながら、沖縄サバニレースでの優勝とレディースチームの3位入賞おめでとうございます。

投稿: H.Yoshida | 2009/08/18 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/45610528

この記事へのトラックバック一覧です: 翌日は無人島へ:

« 時速7.3km | トップページ | 奄美の余韻...Iさんからの写真 »