« フォールディングで行く伊平屋・伊是名流れ旅 | トップページ | 道まだ遠し,,, »

2009/12/13

The Klatwa Paddle by Feathercraft

久しぶりに吐月工房さん、山猫さんと一緒に宮川湾を出艇。

Pc130187

北東風が強く、安房崎に向かう途中で追風,追波に翻弄され、逃げるように三崎港内にコース変更。灘ヶ崎を越えて長津呂崎手前の磯場でゴミ拾いをして帰ってきた。

今回のパドルは、これも宮川湾でお世話になっているシーカヤッカーの benten69go さんからヤフオク経由で安く譲って頂いたフェザークラフト社のKlatwa Paddle

グリーンランドスタイルタイプのパドルは、試し漕ぎくらいしか経験が無かったが、慣れるに従い、それほど違和感なく漕げるようになってきた。

これまで、ATのような人間工学的にデザインされたツーリングパドルなどを好んで使ってきたが、こういうトラディショナルな道具もまた良いものである。

ロールの練習では、アクアバウンドを使ってハイブレイス,ロング,ショートとイメージを作っておいて、クラトワではロングをトライ。何とか起き上がれることを確認。
寒いので成功のイメージがある内に終了。

山猫さんが、左右でほぼ完璧に起き上がっているので、僕も頑張らねば...

|

« フォールディングで行く伊平屋・伊是名流れ旅 | トップページ | 道まだ遠し,,, »

コメント

今日はお疲れさまでした。まさに冬のカヤッキングでしたね。
それにしても使い慣れていないクラトワであれだけグングン漕げるなんて、脱帽です。ロールもしっかり成功されていましたし、文句なしの年末パドリングだったのでは?

私の方は思ったようにロールできたのは最初だけでしたので、こんなもんかなとは思いつつもちょっと凹みました。ま、これも着慣れないウェアのせい、ということにしておきましょう。また懲りずに寒空の中で練習します。

投稿: 山猫 | 2009/12/13 21:59

山猫さん、
今日はどうもお疲れ様でした。

今朝の状況を考えると、吐月工房さん、山猫さんが居なかったらいつもの軟弱病が出てとっとと帰っていたことでしょう。寒さのなか無事にツーリングできたのもお二人のお陰です。

クラトワパドルはやっぱりまだ慣れていないので、本当にやばい海況だと万一の場合の不安が残ります。
それに、ロールもまだまだで、ロングロールでやっと上がれる程度です。しかも右しかできないし。

山猫さんの頑張りが励みになってますよ。

これからもヨロシクです。

投稿: H Yoshida | 2009/12/13 22:28

お疲れさまでした。
Yoshidaさんを見ていると、ウチにある古いK1をいよいよ引っ張り出したくなりますね。ただ先立つモノが・・・ではありますが。

それと、あやまらなくてはなりません。
昨日の午後からアウトドアショップに行きまして、今一つ合点が行かなかった水温の問題を解決すべく、釣り用の精度の高いと思われる水温計を購入しました。
でもって、気温ではありますが、今まで使っていた水温計と比較したら、何と2度近い誤差があることがわかりました。つまり、昨日のYoshidaさんの計測の方が正しかったんですね。ごめんなさいです。
昨日の夕方のラヂオでちょうど海岸レポートをやっていて、そこでも江ノ島付近の海水温が19度近かったと言ってましたから、Yoshidaさんの八景原あたりの計測に間違いはなかったと思われます。
それにしても暖かい。何かヘンですね・・・。

投稿: 光るヒモ(吐月工房) | 2009/12/14 11:41

光るヒモ(吐月工房)さん、
昨日は突然で失礼しました。
お陰で久しぶりのカヤックを楽しむことができました。

水温の件、あやまるなんてとんでも無いです。
普通、2℃程度ならまさか計測器が誤表示とは思わないでしょうし、二つの計測器で比較してもどちらが正しいか判りませんから。
それにしても、合点が行かないとちゃんと確認されるあたりは流石です。
因みに、参考までに、気象庁のHPで海水温データを見てみましたところ、やっぱり房総半島やや外側から東京湾,三浦半島の南端にかけては丁度海水温が20℃のラインが通ってました。やっぱり暖かいですよね。

今度、古いK1見せてください。
ヨロシクお願いします。

投稿: H Yoshida | 2009/12/14 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/47012424

この記事へのトラックバック一覧です: The Klatwa Paddle by Feathercraft:

« フォールディングで行く伊平屋・伊是名流れ旅 | トップページ | 道まだ遠し,,, »