« たまには贅沢を | トップページ | Stand Up Paddle Cruising »

2011/10/02

Feathercaft Packcartのちょっとした改造

用意するもの

  • ID:8mm, OD:9.5mm, 長さ25~30mm(適当),のステンレスパイプ 2本
  • φ10mmのプラスティック用ドリルの刃
  • Feathercraft Packcart : 1式

たったこれだけ。

作り方

  • Packcartのタイヤを取り付ける8mm径のステンレスシャフトに、用意したステンレスパイプを嵌める

Dsc00505
ステンレスパイプをシャフトに被せた状態。
長年の使用で、サイドフレームに押さえつけられたタイヤとフレーム内側が擦れて、アルミの一部が削れてしまっている...

  • Packcartのタイヤの内径をドリルでφ10mmに拡幅
  • タイヤ用のシャフトに差し込んだステンレスパイプに、内径をφ10mmに拡幅したタイヤを嵌めこみ、サイドフレームを通常どおりにセッティング

Dsc00502

作業もたったこれだけ。

これで、移動中にサイドフレームが横からタイヤを押さえつけて回転が渋くなってしまうことが無くなり、常にタイヤはスムーズに回転するようになった。

ステンレスパイプの長さは30mmとしたが、もう1.0~2.0mmくらいは短くても良かったかも。

タイヤの内径とステンレスパイプ外側にはシリコングリスを薄く塗り、少しは摩擦抵抗が低くなるようにする。

本当は、インラインスケートとか、スポーツ用車椅子なんかに使われているベアリング入りのタイヤを付けたいところだが、素人の改造では手が出ないし、これでも結構使えそうな感じなので、しばらくはこれで様子見としよう。

|

« たまには贅沢を | トップページ | Stand Up Paddle Cruising »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/52890421

この記事へのトラックバック一覧です: Feathercaft Packcartのちょっとした改造:

« たまには贅沢を | トップページ | Stand Up Paddle Cruising »