« AERO LEATHER TYPE A-2 | トップページ | 強風の旧中川ツーリング »

2012/03/13

それぞれの3.11

昨年の3.11以降、律儀に関東圏内での海をフィールドとしたカヤック活動を自粛されていた鴨川のCETUSさんが、一年という節目を以って活動を再開するというので激励を兼ねてツーリングに参加した。

1331610974233.jpg

総勢11艇での大所帯ツーリングであったが、前日までの悪天候が嘘のような穏やかな晴天に恵まれ、絶好のツーリング日和の中、同じ趣味を持つ方々と楽しく漕ぐことができた。

被災された方々への思いはあれど、こうして海に出て心が癒される時間を享受できる歓びを実感し、自然との調和の必要性を改めて意識した一日であった。

1331610975708.jpg
出艇前の保田の海岸。
午前中は時折5m/s程のブローが入る北東の風。
ハイボリュームのK1なので、追風はチョットいやらしい。

1331610976378.jpg
富浦でツーリング終了。
撤収後は内房線富浦駅から電車で帰路につく。

1331610977201.jpg
昼過ぎから南西の風が強く吹く予報であったが、ツーリングが終了するまではもってくれた。
今回はきっと参加メンバーの中に晴れ男がいたのだろう。

|

« AERO LEATHER TYPE A-2 | トップページ | 強風の旧中川ツーリング »

コメント

Yoshidaさん、
日曜日はお疲れ様でした。
やはりみなさん漕ぐのが速い(自分が遅い)ので、ついていくのが大変でした。
もう少し速く漕げると行動範囲も広がるのですが...笠原さんには、最初の(水の)キャッチが全てですと言われていますが上手くいきませんね。
やはりカヤックスクールで一度フォワードストロークについて学んだほうがいいでしょうか?
自己流では上手くなりませんよね...

投稿: Sugiura | 2012/03/13 23:57

黄色いカフナのHiromatsuです。
日曜日はお疲れさまでした。

またどこかで遭遇させていただくこともあると思います。
その節はよろしくお願いいたします。m(_ _)m

投稿: Hiromatsu | 2012/03/14 15:01

Sugiuraさん、Hiromatsuさん、
コメントありがとうございます。
そして先日のCetusツーリング、お疲れ様でした。

Sugiuraさん、
カヤックは漕ぐスピードを争う競技じやないので、漕ぐペースは人それぞれでよくてあまり気にしなくても良いのではないかと思います。
ただ、漕ぐ力があえば、いざという時に危険地帯から素早く離れることができますし、漕ぎ続けることで艇の安定性も増し、安全という意味でもしっかりしたフォワードストロークは身につけておいたほうが良いと思います。
わざわざスクールに行く必要もないと思いますが、自己流よりは他人から教わるほうが近道でしょうね。

Hiromatsuさん、
以前、三浦の諸磯付近の海でお会いしていましたね。
また海上でお会いできるのを楽しみにしております。

投稿: H.Yoshida | 2012/03/14 22:57

sugiuraさん、
正直言ってしまえば、アドバイスしてもその通りにやっていただけていない部分が多々あります。それが「自己流」ということなんでしょうか。ならば他の「カヤックスクール」というところへ行っても同じだと思います。
キャッチが最も大切ですが、お教えしたことは勿論それだけではありません。忘れてしまわれたかも知れませんが、フォワードストロークとスウィープストロークの基本的なことは一通りお教えしています。やってもらえなければそれ以上をお教えしようもないのですが、わからないことがあれば何がわからないのか質問してください。例えば物理的に基本中の基本だと思います(これもお伝えしているはずですが)が、パドルの動きより船足が速くなる事はありません。言った事を総合してやってみてください。
僭越ながら私がお教えして格段に速くなった人、パドリングが楽になった人も沢山いらっしゃいますよ。

投稿: 笠原 | 2012/03/19 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/54211718

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの3.11:

« AERO LEATHER TYPE A-2 | トップページ | 強風の旧中川ツーリング »