« 結局 | トップページ | 付属品の出来 »

2012/06/10

笹川流れ

梅雨前線が太平洋側に上がってくるので、土曜日は全国的に雨。

日本海側のほうが前線の影響も少ないだろうし、南東風は風裏なので波も穏やかだろうと急遽日本海の笹川流れを漕ぎにいくことにする。

当日は予報どおり朝から雨模様だったが、幸いなことに海面は波風ともに殆どなくベタ凪。

雨も1mm程度の小雨なので、折角ならと空荷のデイツーリング装備で出艇。

カヤックを始めた頃から、常神半島や伊豆などに多く見られる海触洞窟やロックガーデンを巡るのが好きであったが、ここ笹川流れも、数えきれないほどの海触洞窟や迷路のようなロックガーデンが広がり、正直途中で飽きてきたほどであるが、洞窟好き、ロックガーデン好きの自分には最高のフィールド。

波があるとなかなか近づけないが、今回は殆ど波がなく静かな海面だったため、思いっきり堪能することができた。

もう一つの景勝である、日本海に沈む夕日が拝めなかったのは残念であったが、夕日は過去に何度も見ているので、またの機会に、キャンプでもしながら楽しむことにしよう。

P6090006

生憎の雨模様であったが、海水の透明度は高く、偏光グラスでなくても海底の様子がはっきり見える。

P6090019

P6090021

潜れる岩は全て潜り、

P6090023

入れる洞窟は全て入る。

P6090029

雨でテンションは決して高くないが、それでも一応の目的を果たしたと言う事で軽く祝杯。

P6090037

後半は出艇場所へ向けて戻ることにするが、先ほどと同じ場所を漕いでも見過ごしていた天窓堂もどきなんてのもあって新たな発見が続く。

P6090041

こんな狭い通路もカヤックなら通過可能。

P6090042

外からみるとこんな感じ。
普通なら見過ごしてしまいそうな隙間から、

P6090043

こんな感じでカヤックが出てくるのである。
半ば無理矢理という感じで通り抜けさせられてるカフナのKさん。

P6090044

お疲れ様でした。

注意!
海上では何があるか判りません。
風による波やうねりが無くても、船舶の通過で波が来ることも考えられます。
そのような場合もリスクの一つであると認識した上での行動が必要です。


P6090050

逆眼鏡?岩
暗い洞窟に入るのは少し怖いが、中から見る外の明かりは何だか希望の光のように感じる。
この感じが何とも言えない。

おまけ

Img_0363

まるで工芸品のような仕上げだったクラトワパドルも今では傷だらけ。
特に狭い洞窟や岩場を潜ったりしていると、余計に傷がつく。

カヤック本体もハードシェルではないので、下手をするとデッキやハルの船体布を痛めてしまうので、あまりこのような使い方はFolding Kayakには向いていない(と思う)。


あくまでも自己責任という事で。

|

« 結局 | トップページ | 付属品の出来 »

コメント

「南東風は風裏」さすが読みが良いですね!!
ロックガーデンを堪能されたご様子に、こちらまで
楽しくなります。雨の中遠くまで遠征された努力に
敬意を表します。

投稿: kawamura | 2012/06/11 08:15

お疲れ様でした。
生憎の天気でしたが、ロックガーデン&洞穴探検は楽しかったですね!

あの狭い隙間、K1が通れたんだからカフナは問題ない、と安心して入れましたが、最初に突っ込んで行ったYさんの車両感覚?には脱帽です。

食事も美味しく、天気の良い時に再訪したいですね。

投稿: Kawasaki | 2012/06/11 11:47

kawamuraさん
今回は予定が合わず残念でした。
そちらの山行は如何だったでしょう。
笹川流れのほうは生憎な天気でしたが、
波風が無かったのが幸いでした。
読みが当たったと言えば格好良いのですが、
内心はどうかなぁと行くまで不安でした。
今度の土日にでもまたお話できればと思います。

投稿: H.Yoshida | 2012/06/12 07:59

kawasakiさん
お疲れ様でした。
なかなか休みが合わずにご一緒できないので、今回天気が悪いながらも、なんとかご一緒できて自分にとっても有意義な時間でした。
ただ、振り返ってみるとやたらと狭いところばかり入っていってしまい、もしあの時に波が来ていたらと思うと、あまり調子に乗らないほうが良かったかなと少々反省しているところです。
何も無かったから良かったものの、今後は少し抑えないといけないですね。

投稿: H.Yoshida | 2012/06/12 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/54927617

この記事へのトラックバック一覧です: 笹川流れ:

« 結局 | トップページ | 付属品の出来 »