« 加計呂麻ツーリング(1) | トップページ | 加計呂麻ツーリング(3) »

2012/09/14

加計呂麻ツーリング(2)

2日目は、対岸の与路島へ渡る。

P9090076

上げ潮の時間帯に入っていて、目の前に見えている潮早之鼻(しゅうひゃんのはな)と呼ばれる岬に波が砕けているのが気になるが、与路島にも是非渡ってみたかったので、潮流の様子を見ながら向かうことにする...

...

本当のところ、この判断が良かったのか悪かったのかは今でもわからないが、いずれにしても、ハミヤ島から500mほど離れたあたりから与路島に掛けて、潮流によってできた潮瀬で三角波地帯になっており、まるで川でいう1〜2級程度の瀬の中を岬方向に流されないようにフェリーグライドしながら、パドリングの手を一切休める余裕なく横断する羽目になったことは確かである。
小潮でなかったら絶対に行かなかったところである。

P9090079

そんなこともあり、与路から追い潮に乗って西阿室に渡ろうという当初の目論みはやめて、上げ潮が収まる時間まで与路の集落で時間を潰すことにする。

P9090077

P9090084

与路自慢の珊瑚の石垣。

P9090080

日曜日なので小中学校は休校中であった。

P9090082

峠の途中から集落を見下ろす。

気を取り直して、商店でビールと氷(売り物は無かったが自宅の氷を分けてくれた)を調達。
行動食で空腹を誤摩化して、11:30頃、与路を出発する。

P9090085

まだ少し波が残っているが、明らかに海面は穏やかになっており、潮早之鼻も波が砕けていない。
潮待ちして正解であった。

P9090086

追い潮に乗ることはできなかったが、順調に与路水道を北上し、西阿室に立寄る。
商店で冷たいアイスとビール2本で体を冷やした後、西阿室を出発。須子茂離島に渡る。

P9090087
西阿室の商店。
ビールだけでなく、各種お酒に食料品、日用雑貨など結構色んなものが揃う。

P9090090
瀬相行きの加計呂麻バス

P9090097
須子茂離島までは5km弱の距離。

P9090102
東側の海岸に到着。
今夜は加計呂麻島を見ながらのキャンプ。

今夜のメニュー

P9090103

P9090105

2日目行程
ハミヤ島〜与路島〜西阿室〜須子茂離島
漕行距離:約17km

...


|

« 加計呂麻ツーリング(1) | トップページ | 加計呂麻ツーリング(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/55652205

この記事へのトラックバック一覧です: 加計呂麻ツーリング(2):

« 加計呂麻ツーリング(1) | トップページ | 加計呂麻ツーリング(3) »