« 2014西表島ツーリング二日目 | トップページ | 2014西表島ツーリング四日目 »

2014/09/20

2014西表島ツーリング三日目

ツーリング三日目。

今朝も静かな舟浮湾に青空が広がる。

Dscn0739

ここから先は、電気も水道も、勿論お店もない無人地帯。

昨年は、ここから一気にパイミ崎を超えて鹿川湾まで行く行程であったが、今回は少しのんびりするため、途中の気持ちが良さそうな浜でもう一泊することに。

Dscn0744
サバ崎の灯台。

Dscn0745
ゴリラ岩。
「真正面から見るとゴリラでも何でもなかった」とはKさんの談。

Dscn0748
東海大学の研究施設。
隣の浜で休憩がてら、ちょっとだけ中を拝見。(無断で失礼しました)

Dscn0752
網取を超えるとパイミ崎が見える。

遠くにパイミ崎が見えると、このまま一気に超えたくなる衝動に駆られるが、今回は大人しく岸べたで崎山湾を行く。

Dscn0753
崎山湾の奥にある川を遡るが、途中で漕げなくなるほどの浅瀬に。
地形図ではこの先を更に行くと滝があるようだが、降りて歩くのは諦め、ここで引き返す。

キャンプに良さそうな浜を探して岸べたを行くが、結局パイミ崎の手前の崎山ビーチまで来てしまい、まだ午前中ではあるが、ここでテントを張る事にして今日の漕ぎは終了。

Dscn0757
日差しが強いので、日除けのウィングを張り、昼飯を食いながらのんびり昼寝タイム。

などとグータラしていると、西の空にまたどんよりとした雨雲が発生。

かなり勢力が強そうだったので、慌てて、タープの貼り綱とペグを強化し、ついでにカヤックもタープの下に引き込んで強風&雨対策。

Dscn0765

と思ったが、今回は予想が外れて途中で消滅。

ある意味でガックリ。

日が傾き、潮も満ちてきた頃、目の前の海に潜ってみる。

Dscn0769

Dscn0770

Dscn0775

Dscn0778

リーフ内はどこも死んだ珊瑚だらけだが、リーフエッジのドロップオフまで行くと見事な珊瑚のお花畑が眼下に広がる。

昨年の鹿川湾も良かったが、ここもまた絶景。

ここをテン場にして正解であった。

パイミ崎を見ながらの夕焼けが美しい。

Dscn0782

明日の晴天が予想されるような夕焼けを見ながら、この日も焚火と泡盛でこれまでのツーリングを振り返りながら、明日以降のツーリングに思いを馳せた。

三日目の行程:イダの浜奥〜サバ崎〜網取〜崎山湾〜パイミ崎〜崎山ビーチ

|

« 2014西表島ツーリング二日目 | トップページ | 2014西表島ツーリング四日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/60346063

この記事へのトラックバック一覧です: 2014西表島ツーリング三日目:

« 2014西表島ツーリング二日目 | トップページ | 2014西表島ツーリング四日目 »