« 宮川湾 | トップページ | 内房 »

2015/01/04

漕ぎ初めは宮川湾

二ヶ月以上海に浮かんでいなかったので、寒気が緩むとの予報に勝てず、休暇最終日は宮川湾へ。

Img_1681
時折ウネリが入るが、大きな波もなく穏やかな海面。
夜明け頃の気温は1℃だったが、出艇時には7〜8℃と少し暖かくなる。
でも、まだ空気は冷たく、素手で漕いでいると指先の感覚がマヒしそうなほど。

2015年の漕ぎ初めと言うことで、まずは宮川の小さな竜宮神社にて安全祈願。

Dscn0970

陸からは穏やかに見えた海面だが、昨日までの強い寒気に伴うやや大き目のウネリと小さな三角波が重なって意外と漕ぎ辛い。

いつもの安房崎灯台を回り込み、城ヶ島の南側に出るとうっすらと富士山の姿。

Dscn0976

時々現れるブーマーに気をつけながら、いつもの休憩場所に立ち寄り、馬ノ背洞門を背景にK1をパチり。

Dscn0983

久しぶりのパドリングなので少し重く感じるが、相変わらず、どっしりとした安心感は健在。

軽いホワイトウォーター状態の南岸岸べたを、バランスを崩して沈などしないように慎重にパドリングを行い、西端の長津呂崎まで。

城ヶ島京急ホテルを拝んで来た道を戻る。

Dscn0985

安房崎の岩間を潜り、そのまま一気に横瀬島まで漕いで最後の休憩。

Dscn0991

このあたりから徐々に青空が広がり、海も穏やかに。

このまま剣崎灯台まで行こうかと迷ったが、早めに帰宅したかったのでここで戻ることに。

Dscn0996

最後は宮川のヨットハーバー内を散歩して今日のツーリングは終了。

撤収後、久々に「まるよし食堂」にお邪魔して、隠れ逸品(自称)のラーメンで締め括り。

Img_1683

最近は「そば新」ばかりで申し訳無かったのだが、「まるよし食堂」も捨てがたい。

殆どリハビリのような緩い漕ぎであったが、久々の漕ぎで気分もリフレッシュした1日であった。

|

« 宮川湾 | トップページ | 内房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/60923215

この記事へのトラックバック一覧です: 漕ぎ初めは宮川湾:

« 宮川湾 | トップページ | 内房 »