« 始まりがあり、終わりがある | トップページ | 初詣 »

2016/12/25

Hans Pawlata

John Dowd のSea Kayakingや、内田正洋のSea Kayaker's Hand Bookなどで紹介されている最もベーシックなロールスキル。



堀田貴之氏とローリーイネステイラー氏の翻訳による1990年版 John DowdのSea Kayaking Manualに掲載されているHans Pawlata Roll。



1997年に発刊された内田正洋氏のSea Kayaker's Hand BookのHans Pawlata Roll。


実際のところ、海でのシーカヤックツーリングにおいてロールが必要となるシチュエーションは殆ど無いと言って良いと思う。

でも、出来ないより出来た方が良いので、一応練習はしておいた方が良いというのが自分のスタンス。
















もう少し ブレード先端が水面近くをキープしながらスイープできるようになるのが理想的。




|

« 始まりがあり、終わりがある | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/64675803

この記事へのトラックバック一覧です: Hans Pawlata:

« 始まりがあり、終わりがある | トップページ | 初詣 »