« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016/12/25

Hans Pawlata

John Dowd のSea Kayakingや、内田正洋のSea Kayaker's Hand Bookなどで紹介されている最もベーシックなロールスキル。



堀田貴之氏とローリーイネステイラー氏の翻訳による1990年版 John DowdのSea Kayaking Manualに掲載されているHans Pawlata Roll。



1997年に発刊された内田正洋氏のSea Kayaker's Hand BookのHans Pawlata Roll。


実際のところ、海でのシーカヤックツーリングにおいてロールが必要となるシチュエーションは殆ど無いと言って良いと思う。

でも、出来ないより出来た方が良いので、一応練習はしておいた方が良いというのが自分のスタンス。
















もう少し ブレード先端が水面近くをキープしながらスイープできるようになるのが理想的。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/08

始まりがあり、終わりがある

Everything has a beginning........and an end.


とうとう、Feathercraftの本国サイトでも恒久的にカヤック製造をクローズしたことが掲載されてしまった。

Feathercraft web page

代理店のA&Fが言うのだから間違い無いとは思っていたが、本国サイトでは特に何も変わったところがなかったので少し期待などしていたが、遂に現実のものになってしまった気がして残念で仕方がない。

クローズした理由の中には、ライフスタイルの変化や航空機への持込制限などもあったようで、やっぱり今時折り畳みカヤックを使って旅をすること自体が時代遅れなのかもしれない。

でも



2006年 加計呂麻



2007年 慶良間



2012年 加計呂麻


2013年 西表島


2015年 隠岐の島


2016年 宮古島

など、一人では大した旅などできなくても、自分の力でkayakと共に日本の海を歩き寝泊まりした経験は今では何物にも代え難い貴重な財産となっている。

Feathercraft歴は僅か13年半しかなかったが、世界最高のkayakを40年間作り続けてくれたダグさんに改めて感謝である。

恐らくkayakの製造はやめても、バンクーバーの自宅でいつまでもFeathercraftを漕いでいる事でしょう。

新たな始まりと共に、いつかまたダグさんにお会いできる事を期待して....



Doug Simpson
2004年秋 奥松島でのFeathercraft Meetingにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »