« ツーリングシミュレーション | トップページ

2017/08/05

パッキングシミュレーション

朝寝坊してしまい、出かける気力が無くなったので、もう一度ベランダでカサラノへのパッキングをシミュレーション。


前回は骨組みだけでスペースの確認をしただけだったが、今回は完全に組んだ状態から普段の装備が積めるかを試してみる。



今回は完全に組んだ状態から装備を積み込んでみる。


流石にK1のように雑に入れてもスカスカと言う訳にはいかないが、長さを活かして隙間に色々と詰めていくと、ソフトクーラーの他にMSRのウォーターキャリーや食料用のスペースも含めてカヤック本体内部にほぼ全てを収める事が確認出来た。




スペアパドルとスノーケリング用のフィンを除けば、ほぼ全ての装備がカヤック内部に収まった。
流石はツーリング用として設計されたカヤックだけのことはある。
グリーンランドタイプの見た目と裏腹に必要にして充分な積載量が確保されている。



ただ唯一、これまで愛用してきたシアトルスポーツのソフトクーラー12QTに代えて、IceMuleと言うドライバッグ状のソフトクーラーのSサイズを新たに導入。

保冷力などはよく分からないが、横にした状態で4番クロスリブを無理なく通す事が出来るのでカサラノにはこちらの方が良さそう。


あと余談になってしまうが、個人的にはカヤックのデッキ上にあれやこれやと荷物を沢山載せるのは再乗艇の時の安全上も含めて、見た目にもあまり格好良いとは思えないのが正直なところ。

スペアパドルやリエントリーの為のパドルフロート、ビルジポンプなどは逆にデッキ上にあるべきだが、その他はデッキバッグの中に入れる小物とスノーケリング用のフィンくらいだろうか。

むしろ、カヤック内部に収まらない程の荷物だと、陸上で移動しないといけない時など本当に苦労してしまう。
この辺りを勘案して装備を考えないといけないのも、ツーリングの醍醐味でもある。

考えてみれば、カサラノでもバックパックに較べれば余程多くの収納スペースがあるので、荷物が収まらない方が何か間違っているのかも知れない。


|

« ツーリングシミュレーション | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60079/65623674

この記事へのトラックバック一覧です: パッキングシミュレーション:

« ツーリングシミュレーション | トップページ