« 昔のカヌーライフ | トップページ | 劔崎往復 »

2018/08/05

水浴び in 南三浦

連日の猛暑日ならぬ酷暑日の日本列島。


先週末は台風12号で漕げなかったし、13号が接近する前にリベンジを兼ねて宮川へ。


久し振りにBaron-Papaさんともご一緒できることになり、スノーケリング道具を積んでいざ出発。



お久し振りのBaron-Papaさん、今回はティールのカサラノで参戦。




斜め後ろからのシルエットも美しいカサラノ。
folding kayakとは思えないプロポーション。
もう新艇がこの世に出ない事が残念でならない。



横瀬島に到着。



去年の台風で消えてしまっていた入江の砂浜が復活。

僅か一月前(下の写真)はまだ岩だらけだったのに。


先日の台風12号で海底の砂が運ばれたのだろうか。

いずれにしても嬉しい出来事。


スノーケリングで身体を冷やした後は、劔先をまわりこみ間口漁港手前の浜へ移動。





ここで少しスカリングの練習。



Baron-Papaさんに撮っていただいた。


苦手の左でも。

右もそうだがブレードの先端が深く潜ってしまっているのがよくわかり、まだまだ未完成だと思い知る。
練習あるのみだな。


帰りは岸ベタで。


波はそれ程高くは無かったが、ロックガーデン付近はそこそこスリリング。


最後にカサラノに追いつけずに悔しい思いもしたが、仲間と一緒だとやっぱり楽しい。





短い距離だったが良いツーリングであった。

ご一緒頂き、尚且つ綺麗な写真をも頂戴したBaron-Papaさんに感謝。



最後に、横瀬島に先客でいた赤いウイスパーXPのシーカヤッカーさんへ…

年季の入ったGパドルにLotus DesignのPFD、沖縄のクバ笠など、装備からするとかなりのベテランシーカヤッカーだとお見受けしました。
ただ、潜ってさざえを漁っていたのは、そして嬉しそうにクバ笠に入れて写真を撮っておられたのは大変に残念でした。
採った写真をLINEで友人に送ったあとは海に返すと仰っていましたが、普通の人はそうは思いませんし、ましてや漁業関係者が見たらまたシーカヤックに対する印象が悪くなります。
それに、海に返すと言っても元いた場所に戻すことは絶対にできないし、法律上は採捕自体を禁止している以上、採ること自体がルール違反だと思います。海に返すからOKだと言う安易な考え方も凄く残念でした。

沖縄あたりのガイド付きツアーなんかだとガイドが貝や魚を現地調達するのが流行りなんでしょうが、漁業関係者が大勢いる本土のフィールドではそうはいかないでしょう。
釣りはともかく、ことさざえや鮑に関してはガイドでさえも本来は許可が必要なはず。ましてや許可されていない1カヤックがそれをすれば、密猟者と何ら変わりはないし、周りからもそう見られてしまう。

今後は良識ある大人なシーカヤッカーであって下さい。





|

« 昔のカヌーライフ | トップページ | 劔崎往復 »

コメント

密漁(あるいはそれに準ずる行動)に関するH.Yoshidaさんのご意見に、全面的に賛同します。
三浦周辺の海域では、この時期、定期的な密漁監視活動が行われ、小型の漁船が回っています。
以前、シュノーケリングで遊んでいたら、監視船からあらぬ疑いをかけられたことがあります。「私はここへは長年通い詰めて季節を問わず遊ばせてもらっているカヌーの者で、密漁などしたらここでは遊べなくなるから、ただ潜って眺めて楽しんでいるだけだ。」と説明して納得してもらいました。

自分が食す分ぐらいならとか、けっこうみんなやっているからとか、様々な言い分があります。地方によっては、地元の漁業関係者から、そのぐらいは良いよと声をかけられることもあります。
また、監視活動も全てを把握できるわけではありません。

でも、やはり、疑いを呼ぶような行動は謹むべきだと、私は考えています。
とくに三浦半島は、日本で1番シーカヤッカーの人口の多い場所です。漁業者も多く、それだけシーカヤッカーの行動は見られています。

現状だけでなく、これからのシーカヤッカーが末長くこの海域で楽しめるように、私たち年長者は行動を律する必要があると、私は考えます。

投稿: 吐月工房 | 2018/08/13 10:58

吐月工房様
コメントありがとうございます。
また昨日はご一緒させて頂きありがとうございました。
密漁かどうかは兎も角、我々は海や自然に対して常に遊ばせて頂いているという謙虚な気持ちが凄く大事なんだろうと思います。
海は誰のものでもないと主張する人が大勢いる反面、同時に決して自分のものでもない事を理解している人がどの程度いるのかと思ってしまいます。
ゴミを拾い、近隣の漁業関係者とも良い関係を築く努力を惜しまない吐月工房さんには本当に頭が下がります。
我々だけでも襟を正し、自らの行動を律するべきと思います。

投稿: H.Yoshida | 2018/08/13 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水浴び in 南三浦:

« 昔のカヌーライフ | トップページ | 劔崎往復 »