« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/20

日本製オイルライター

made in JapanのOil lighter。



Gear Top Oil lighter
オイル揮発を極力少なくするためのインナーキャップが特徴。

昔使っていたZippoは使っていなくても直ぐにオイルが揮発してしまったが、これは今のところ約1ヶ月間ポケットに入れっぱなしでも日に数回のテストに全て一発着火できるくらいオイルの持ちが良い。


所詮はZippoコピーと言えなくも無いが、作りは全然違うし、オイル持ちも良いのでツーリングにも使えそう。


使い捨ての100円ライターは使い掛けが溜まって味気ないし、充填できてキャンプに便利なターボライターやスライド式の着火マンタイプは飛行機に持ち込めないしで何か良いものは無いかと物色していたが、これなら所有感も満たされるし、オイル持ちも良くいざとなればコンビニでオイルも買えるしでチョットいいんじゃないかと思った次第。

着火性能もバツグンでソリッドブラスのエイジング具合もいい感じ。

ノンスモーカーではあるが、チョットいいライターを手に入れて気分が良い今日この頃。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

焚火ランチ

冬型が緩むのを期待して急遽何時もの宮川へ。




先々週の初漕ぎの時は立ち寄れなかった諸磯神社へもお参り。航海の安全を願う。




今日も富士山クッキリ。
でも風弱く、穏やかな陽気。





今回も熱々のコンビニパン2つを淹れたて珈琲2杯でお腹に納め身も心もホカホカ。



今回はトマトソースにチーズとコーンを乗せたピザ風パンとコロッケパン。


海外の動画でこの手のカップを使ってバノックを焼くシーンがあり、火加減がちょっと難しいが、やってみると案外いける。


後始末とか考えると焚火は決して簡単では無いけれど、火を見ながらボーッとするのも悪くない。


たっぷり1時間、のんびりと焚火とカフェランチを楽しんで宮川へ帰着。


せかせかと漕ぐのも悪く無いが、距離は短くとものんびり海上散歩を楽しむのもまた良いものである。


あと宮川ではBS-NHKの某釣り番組の収録が昨日から行われていて、カヤック撤収中に出演者の芸人さんをチラリと目撃。
2月に放送予定とのことで、ドローンで撮影された宮川がどう映っているのかチョット気になる。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/15

毘沙門天へ初詣

3連休最終日はスキンカヤッカー吐月工房さん&そのご友人の皆さんとの初漕ぎ。







まずは宮川の守神に新年のご挨拶と安全を祈願。
自分は10日前に済ませていたが、もう一度改めて今年の安全をお願いする。







出艇後、毘沙門天に立ち寄ってお参りを済まし、劔先を目指す。

横瀬島の対岸から坂を登った途中にある毘沙門天。




車1台がやっと通れる狭い道。




天気の良い休日はキャンプや釣り人で大賑わいだが、この日は静かだった。


小休止の後、劔崎に向かう。


弱い冬型の気圧配置で風もそれ程強く無い感じだったが、江奈湾を横断する際の陸を超えて来た冷たい北東風の吹き下ろしが思いの外強い。


案の定、劔崎灯台下を回り込んで東京湾側に出ようとしたところで、更に強くなった風と波で、少し先の入江に入るのを諦めて風裏ポイントへ逃げ込む。







岸ベタで帰路につくが、ここでも斜め後ろからの強い北東風でカヤックのウェザーコッキングが強まり、まるでシングルパドルを操るかのように右側ばかりスゥイープストロークするのに疲れてしまい、久しぶりにラダーを降ろす。






宮川の丘の向こうに浮かぶ富士山。






のんびり岸ベタのロックガーデンを堪能して今年の初漕ぎは終了。



まるよしさんで購入したはばのり。
軽く炙り、白いご飯に乗せて美味しく頂いた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/13

電気は好きじゃない

5回目の車検を通したばかりのBP5。

リモコンキーのバッテリーが切れていたのを漸く交換。







自分のBP5はドアロックの施錠解除のみリモコン操作するタイプなので内蔵のボタン電池が切れていても手動でドアロックの解除やエンジンスタートが問題無くできるが、最近のキーレスエントリー車だと果たしてどうなんだろうか?

もしかしたら、小さなボタン電池一個だけで車にも乗れなくなるのだろうか?



先日もスマートフォンやiPadを数日使ってなかったら、いつのまにかバッテリーが無くなっていて使いたい時に使えなかった事があり、電子機器と言うのは果たして本当に便利なんだか不便なんだかわからないとつくづく思った。



今の時代、電気が無い生活はあり得ない事くらい百も承知だが、電気だけに依存するのは怖いなぁと言うのが昔から自分の中にあって、せめて腕時計くらいは電気(クオーツ)じゃないのにしているのもその為だったりする。


やっぱり電気に頼るのは好きじゃない。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

ソロのススメ

本日の某夕刊に掲載されていた、とあるお笑い芸人さんのソロキャンプに纏わるシングルスタイルを描いた記事。




自由を愛するソロキャンプ。
読売新聞夕刊 2019年1月5日掲載より

さりげなく、昨日の自分と同じ「直火に水筒」だったりでビックリ。結構流行ってるっぽい...


以前、久しぶりにヘネシーハンモックを引っ張り出して来た時に、うちのカミさんがTVでこの芸人さんがハンモックキャンプを紹介しているのを見たと聞いて、その後たまにYouTubeの動画とかを見ていたりするが、こんな一般紙の夕刊に紹介される程に有名になっていたとは驚き。


ネット動画にありがちな如何にもな音楽やら空撮などは殆ど無く、自由を愛するが故のソロキャンプには共感できる部分が多いかな。


シーカヤックに関しては、アウトドアイラストレーターの伊東孝志さんが自身のブログで「シーカヤック 一人旅」なんて記事で自由気ままな一人旅の良さを発信していて、本当にそうだなぁと思う今日この頃。



自分も決して複数が絶対にダメとか嫌だと言う訳ではなく、たまに気の合う仲間とワイワイ漕いだりキャンプしたりすると楽しいし、誘われればいつでもOKだったりするのだが、いつもいつも時間や行動を人に合わせないといけなかったり、ツアーなどのように結局人に付いて行くだけだったり、用意されたレールに乗って行くだけだったりするとそこには自由が無くなり、余程別の目的でも無い限り結局は一人でやれることをやるのが気楽で良いと言う結論に達してしまうのが正直なところ。


こんな事を書くと誰からも誘われなくなって、それはそれで寂しかったりするが、それでもやっぱり一人だからこそ出来るキャンプツーリングだったりするので、今年も今から何処へ漕ぎに行こうかと思案する日々である。


で、余談になるが、自分はどうもあのネット動画に多く見られる演出、即ち自分自身を動画や写真のフレームに入れて第三者的目線でキャンプやツーリングの様子を撮影している演出が苦手と言うか、実際にカメラをセットしてセルフで自分を撮影している状況に不自然さを感じてしまって理解できないのである。

所謂自撮りなら一種の記念撮影なので自分も風景をバックにセルフ撮影をたまにするが、まるで映画や雑誌みたいに別のカメラスタッフが撮影しているかのような自分の漕いでる姿なんかを動画で撮る人がいるが、良く一人で平気でやれるなと言う感じ。


自分は恥ずかしくて絶対に真似できないのである。


なのでいつまで経っても見栄えのしない写真ばかり。

でもそれが本来の姿では無いのかとも思う。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/01/04

2019初漕ぎ

2019年の初漕ぎもやっぱり三浦。




富士山クッキリなれど、冬型ではないので穏やかな冬の海。



諸磯で折返し。




のんびりとランチタイム。


ステンレスボトルで湯を沸かし、MSRのマグメイトで珈琲を淹れる。

傍でカップを簡易オーブン代わりにしてコンビニパンを焼き、アツアツのところを淹れたての珈琲と一緒に頬張る。







やっぱり淹れたてが一番美味い。



1ヶ月半ぶりのアリュートパドル。
峰のある側をメインにして水を逃がさないよう意識するが、まだ上手く感じが掴めない。

漕ぎあるのみ。




この時期は透明度が高く、気持ち良い新年の初漕ぎとなった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »