« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019/03/24

意外な発見:Ferrocerium rod Striker by RIVERSIDE WEST 4inch Utility Hunter

Ray Mearsのようにメタルマッチ(フェロセリウムロッド)と愛用のナイフを使って一発で火口に着火できると格好良いのだが、現実にはなかなか上手く行かない。


特に4:41あたりに注目


最近流行りの北欧系Bushcraftナイフには、こうした使用方法を想定してナイフの背にエッジを立たせたものがあるようだが、自分のKellamなども炭素鋼でそれなりにエッジが立っているにも関わらずイマイチ火花が綺麗に飛ばない。


で、10年くらい前に中古で手に入れたRIVERSIDE WESTの4inch Utility Hunterで試しにやってみると、先のRay Mearsのナイフほどではないけれど、Kellamとは比較にならないくらい盛大に火花が飛び、ちょっとした火口だと簡単に着火できてしまうのには驚いた。


112e8327f5404bbfbd91b30bbc3073b4
4inch Utility Hunter by RIVERSIDE WEST
手に入れたのは今から9年ほど前。しかもセカンドハンド品(中古)なので製造は20年位前のもの。
今でも同じモデルはRIVERSIDE LANDSから販売されている。


故R.W.Lovelessのデザインを踏襲する4インチのユーティリティナイフ。
メーカーHPには「多目的な使い方をするフィールドユースに適したナイフ」との事。


ボブラブレス氏が確立したストック&リムーバル製法は一般に極めて薄くホローグラインドされる為に、最近流行りの何とかクラフト的な薪割りなんかにも使えるような北欧系ナイフに比べると華奢で時代遅れな感が否めないが、実際には使ってナンボの実用性の高いナイフである事が判る。


最初から、ストライカーとしての使用を想定していたかどうかは判らないが、北欧系ナイフに劣らない性能を有していた事を発見した意外な1日であった。

| | コメント (0)

2019/03/17

城ケ島ショートツーリング

三週間ぶりのカヤック。






昼前から南風が上がってくる予報だし、帰りの渋滞も心配なので、午前上がりの予定で軽く城ケ島一周のショートツーリング。









今回も宮川レジェンド(勝手にそう呼ばせて頂いている)のスキンカヤッカー吐月工房氏とご一緒。








前日からのウネリが残っていて、安房崎辺りはいつも通りのウネウネ模様。





そんな中でも極端に不安定なグリーンランドスタイルのスキンカヤックを苦もなく操る吐月工房さんには脱帽でしかない。






すましと海岸での収穫はゴミ袋3つ。
久し振りなのでそこそこ集まった感じ。






長津路から三崎港へ。


それまでのブーマーやら三角波やらの荒れた海面から一気に平穏な海面へ。


距離は短かったが、久し振りの海上散歩には丁度良い距離感であった。


オマケ






漸くHeavy Cover mess kitの火入れ式。


既にガスやアルコールストーブでは火入れ済みだったが、焚火(Wood stoveだけど)では今回が初めて。

岩場だったので今回は直火ではなく手のひらサイズの小さなWood stoveを使ったが、燃焼効率が良すぎて燃料である薪の小枝を投入するのに忙しい。

やっぱり直の焚火にstoveを兼ねたcup standの組み合わせがしっくりくる。


元々のセットにはstove standは付いていないし、デザインもバタフライ式のワイヤーハンドルだったり、肩が張ったようなボトルのデザインはイマイチ好きじゃない。

むしろクラシカルなシングルストラップ式のL型バーハンドルcupにサンダーバード2号を彷彿とさせるなで肩&ワイドマウスのbottleとシンプルなstoveがセットになったステンレス製のpathfinderの方が好みではあるのだが、カヤックツーリングには軽くて腐食にも強いチタン製のHeavy coverの方が良いのだろうな。


いずれにせよ、早くキャンプツーリングで使ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても渋滞中

折角早めに宮川を出てスムーズに走ってきたのに、高速で30分以上も足止め。







大きな事故でもあったかも...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/11

〇〇辞めました

「冷し中華」などを筆頭に、世間では「〇〇始めました」とは言うものの「〇〇やめました」とは言わないのが一般的である。

なので、別に敢えて書く必要も無いのだが、
昨年末頃を最後にSNSを辞めたことを備忘録として記しておく。

特に最近主流の「呟き」とか「顔本」「瞬間写真」なんかについては、あのlike(何故か日本だといいねになる)ボタンとかなんとかタグとか、よくわからない機能や勝手に人を紹介してくるお節介具合が自分には合わなくて辟易してきたことが大きな理由。

あと、「〇〇映え」とか言う社会現象も...


過去にお誘い頂いたユーザーもいるので、そうした人達の投稿が見れないことになってしまうのがデメリットだが、潔くアカウントごと削除したので今はスッキリ気分。


広義にはblogもSNSの一種でもあるのでこのblogもそろそろ辞めどきかと思う事があるが、それはまた別の機会にでも...


満員電車の中で周りへの配慮も無く一心不乱にスマートフォンを弄る人達を見るにつけ、あんな風になってはいけないと反面教師にさせて頂いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »