« 踏み間違え事故に思う事 | トップページ | ショックコード交換 »

2019/05/19

油壺往復 波高し

先週に続いてまたもや宮川湾から出艇。

 

Dscn3652

大潮の干潮間近なので宮川は既に干上がってきている。

 

朝はまだ弱い東風だったが、海上の高気圧の移動に伴い、風が南東に振れるあたりから風が上がってくる予報。

また湘南でさえもセットで腹程度の波が入っているようで、宮川にも沖からのうねりが結構入ってきている。

 

案の定、安房崎灯台下もワサワサ。

Dscn3653

いつもの灯台下の岩間も真っ白だったが、向かい波なので特に問題なくクリア。

 

赤羽や馬ノ背洞門は勿論だが、岸には全く近づけないので、そのまま諸磯を超えて油壺へ。

 

Dscn3662

油壺のヨットハーバー。

何時来ても静かな良いところ。

それにしても中々晴れ間が覗かない。

 

Dscn3664

油壺を出て直ぐの荒井浜はSUPの溜まり場?練習場?みたいになっていたのでパス。

小網代湾側に回り込んで直ぐの胴網海岸へ。

何時もは誰かしら人がいるので通り過ぎるだけなのだが、今日は誰も居なさそうなのでここで上陸&休憩。

 

Dscn3676

先週もそうだが小網代へは何度も訪れているのに、ここに上陸するのは初めて。

 

Dscn3680

 

営業していない海の家っぽい建物の前のウッドデッキで珈琲タイム。

今回は焚火はなしで家で淹れて来たポットの珈琲で。

そうこうしていると、風が南に振れて来たのか、北に面した海岸にも風が吹き込んでくる。

 

早めに帰路につくと、諸磯あたりから風と波が強くなってきた。

 

Dscn3696

三崎港釜根灯浮標をレースマークに見立ててマーク回航するヨット群。

丁度風上マークになっているので、クローズホールドから反時計まわりにマークを回航し、風下へベアするところ。

思わず学連ヨット部時代を思い出した

 

この位置まではまだ風も波もそれほど酷くなく、このまま城ヶ島南岸を行くかどうか迷ったが、何とか行けるだろうと判断して三崎港へ入らず南岸へ進む。

これが失敗であった。。。

 

長津路の岩場を抜けたところ。。。

波の中では当然写真を撮る暇はなし。。。

 

Dscn3699

 

Dscn3705

 

赤羽海岸を超えて砲台跡付近の海面。

目の前にオレンジ色のトリマランのシングル艇がクローズホールドで風上に向かって帆走中。

直ぐ目の前を通過した時にセールにつけられたセールリボンがちゃんと靡いていないのが見えた。。。

どの程度の経験をお持ちかわからないが、もう少しセールのトリムをちゃんとした方が良いのになと。

 

Dscn3706

 

最後の安房崎灯台下の岩間。

最初行けるかなぁとアプローチしたけど、近づくととんでもないほどの波が入っていて、危険過ぎるためにパス。

大回りして何とか回航し、そのまま追い波に翻弄されながらヘロヘロになりながら宮川に戻った。

 

実際には風は4〜5m/s程度で、この程度の風と風波だけなら特に問題は無かっただろうが、今回は沖からのウネリが重なったため、波高が高く、崩れ波や三角波が次々と覆い被さる状況だったので正直生きた心地がしなかった。

 

思わず、昨年の西表島でのウビラ石〜鹿川湾を思い出した。

 

とりあえず無事に帰着できてホッとした。

 

 

|

« 踏み間違え事故に思う事 | トップページ | ショックコード交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 踏み間違え事故に思う事 | トップページ | ショックコード交換 »