2019/10/05

MSR Dromedary Bag

海旅に必要不可欠な真水を安全に持ち運ぶためのWater carry bag。

 

MSR Dromedary Bag

 

Fullsizeoutput_1778

専ら海で使うのは10Lだが、予備として6Lを持っていくことも多い。

これの前にMSRロゴが青色だったのも持っていたのだが、いつの間にか紛失してしまい今持っているのは2代目である。

 

Kahunaを買った頃のGranstreamの大瀬さんや、沖縄カヤックセンターの仲村さんも使っていて、シーカヤック用の装備としてはメジャーな装備だと思うのだが、内側のポリウレタンコーティングのため中の水がウレタン臭くなってしまうのが難点と言えば難点。

そのため、殆どのユーザーが飲料や料理用に別途プラティパスのようなポリエチレン製のソフトウォーターキャリーを併用していて、自分も普段は勿論、今回の沖縄ツーリングでもMSR 10Lの他にプラティパス2Lx2とシアトルスポーツ5Lを持って行った。

しかし、既に前の記事に書いたようにバウ沈で1つを流失したり、他の二つも途中で飲み口のパーツ部分が剥離して漏水してしまい、結局残ったのはこのMSR Dromedary Bag 10Lと、水筒タイプのHeavy Cover Titanium Canteenとサーモマグだけという有様であった。

 

確かにプラティパスは匂いも付かず、軽いし特に山ではこれ一択なのは事実だが、寿命が短いことは覚悟して使わないと痛い目に遭う。

 

そう考えると、多少ウレタン臭くなろうとも、貴重な真水を安心して運搬できるのはこのMSR Dromedary Bag以外に無いだろうと思う。

 

普段の日帰りツーリングでも、ウォータージャグとしてカヤックや装備を水洗いしたり、シャワー代わりに水を浴びたりするのに使えるので、地味ながらも必要不可欠な装備として使い続けることであろう。

 

Img_4064
MSR Dromedary Bagに接続できるMSRの浄水用フィルター:mini worksと、プラティパスやペットボトルなどに接続できる小さな浄水器:Sawyer mini。日本だと浄水フィルターは殆ど使う機会が無いが、離島ツーリングだと水の補給が難しい場合も考えられるので、念のため持っていくことも多い...

Sawyer miniは小さくて嵩張らないので最近はこちらがメインだが、肝心のプラティパスがお亡くなりになったので、ちょっと複雑な気持ち。

 

日本は飲料水に関しては非常に恵まれているが、やはり電気やガス、水道が無いところでは真水の有り難みが身に沁みる。

 

| | コメント (0)

2019/09/17

Hillberg Soulo

今回のツーリングで初の実戦使用となったHillberg Soulo。

 

これまで長く使ってきた同社のAktoと比較しての使用感を少々。

 

262113c5ab2d48689179f040da53c42d

 

Ca18d61f60df42b5b4c4c56b3d051c8b

 

重量:

1ポールで非自立式の変型トンネル型Aktoに対し、横方向のポールに加え山岳ドームテントと同じ縦方向に2本のクロスポールが追加された完全自立式のSouloは同じRed labelでありながらカタログデータで約700g重い2.4kgと、moss Outlandとほぼ同じ重さ。

加えて、Aktoには装着していなかったフットプリントなるものを付けていたのでさらにその差は大きい。

Aktoでも最近の軽量テントと較べると重いと言われるくらいなので、約3kgオーバーの重量は中々のもの。

 

設営:

正直言って、Akroと較べてしまうと設営はチョット面倒臭い。

クリップ式なのでスリーブ式のOutlandよりは遥かに簡単だけど、あっちへ行ったりこっちに戻ったりとテントの周りをウロウロしなければならず、ポールを一本スリーブに通した後は、風上側に2本、風下側に2本ペグを打って張綱を掛けて長さを調整するだけのAkotoの設営が如何に簡単だったかを痛感する。

しかも如何に自立式ではあってもやはり最低4箇所にペグを打って張綱を取る事を考えると、やはり面倒と言わざるを得ない。

この辺りに未だにAktoの人気が高いことの理由があるのではないかと思われる。

 

居住性:

床面積や前室の広さはAktoとそれほど変わらない。

しかし、縦方向の2本のクロスポールが作り出すドーム状の室内空間は思った以上に広く、横になった時の頭周りのヘッドクリアランスには充分な余裕があり、雨でテントに閉じ込められても中で快適に過ごすことができる。

Aktoだと、短辺側の高さが低いので横になった際の天井の低さが気になったが、Souloには一切そういうことが無かった。

 

使い勝手:

AktoもSouloもどちらもインナーテントの長辺側に出入り口があるが、Aktoは前面パネルのファスナースライダーがテントの端に来るのに対し、Souloの場合は前面パネルの上部及び両サイドから長辺側中央に向かって集中して閉じるように設計されており、これによってパネルの半分を開放した程度ではフロアシートのバスタブ形状が維持されていて、外部からの砂などの侵入がし難くなっている。

ほんの僅かな違いだが、その効果は絶大で、荷物や人の出入りの際に入り込んでいた砂の侵入が極めて少なかった。

海旅で砂まみれになるのは仕方ないが、テント内の砂はやはり嫌である。

フットプリントとの相乗効果でもあると思うが、砂があまり入ってこなかったことは意外と快適であった。

また、このフットプリントがあることによって、前室内に置いた荷物に砂が付着することも少なく、ビーチキャンプでの快適度は格段に高くなった。

フットプリントって、単にフロアシートの保護くらいにしか思っていなくて、これまでは重くなるのでずっと使ってこなかったが、これからはAktoでも使ってみようと思ったのは事実。

 

撤収:

これも設営と同じで簡単に撤収できるのはAktoだが、Souloの場合、クリップ式の自立式であることと先のフットプリントとの相乗効果で、砂地の上でもキチンと畳んで仕舞えるのは利点であると思った。

Aktoだと、仮にフットプリントがあったとしてもわざわざ地面に置いて畳む必要もないが、Souloだと重量もあり一旦地面に置いてフットプリントに包む要領で畳むとカヤックへのパッキングも含めて色々と都合が良かった。

 

総合:

総合的にどちらが良いかと言う問題ではないが、重量が許容できるならSouloの居住性や使い勝手の良さは特筆すべき点であると思った。

設営や撤収はAktoには敵わないが、自立式であることの自由度の高さも考えると、これからはSouloをメインに使っていくことが多くなりそうである。

秋〜冬に掛けての焚火キャンプのベースとしても、活躍してくれそうである。

 

 

 

| | コメント (2)

2019/09/04

HGU-4/P

海を渡ってやってきた2代目のAviator sunglass。

1d53d7ad3bb54a91a96e7e003dbeb6b8

MIL SPECに準拠して作られたストレートテンプルのものだが、レンズはpolarized(偏光)に変更してオーダー。

Ray-Banとは違った趣きでチョット良い気分。

 

 

| | コメント (0)

2019/08/17

Indian Canoe Craft

K1 expeditionに乗り始めた2009年。

 

その年、とあるシーカヤッカーがニセコの新谷暁生氏らと共にアリューシャン列島をFeathercraftで旅された。

 

その時の記録はご自身のBrogで公開されているが、翌年には神田のICIで写真展が開催され、勿論自分も見に行った。

 

アリューシャン遠征の写真展

 

その写真展では、実際に遠征に使用されたFeathercraft K1 expeditionが展示されていたが、それと共に強烈な存在感を誇示していたのがIndian Canoe CraftのAleut Paddleであった。

 

当時は丁度Greenland PaddleのKlatwaを使い出した頃で、まだAleut Paddleに対する知識もなく、加えて実際にアリューシャン列島を旅してきたIndian Canoe CraftのAleut Paddleはオーラがあり過ぎて自分が手を出すには敷居が高過ぎたことを覚えている。

 

それ以前にも、Indian Canoe Craftと言えば、カヤック雑誌やアウトドア本などでも数多く紹介されていて、知らない人はいないくらいな筈なのだが、不思議にも自分の周りにはGreenland Paddle使用者は多くいるのにAleut Paddle使用者は皆無であった。

 

Img_4050
20年くらい前のアウトドア関係のカタログ本の1ページ。
当時はまだカヤックを始める前で、このパドルのことよりも、Mossテントやグレゴリーのバックパック、MSRのストーブなんかに興味が向いていた。

Img_4053
2003年に創刊された、とあるアウトドアライター氏が沖縄カヤックセンターの仲村忠明氏とコラボした雑紙「海風」。
ここにも、Indian Canoe CraftのAleut Paddleが紹介されている。

 

Fullsizeoutput_1763
上のカラーページと同じカタログ本に掲載されているFeathercraftの紹介ページ。
2000年にモデルチェンジされる前のKhatsalanoやK1, K2が当時の価格で掲載されている。

 

Aleut Paddleも約1年使ってみて随分と馴染んできた感はある。

ただ、今のAleut Paddleは昨年の西表島でポッキリ折れてしまったりしてちょっとトラウマになっていたりして、いつも不安を抱えながらのツーリングであることも事実。

 

一つの道具を使い続ける美学もあるが、新たな気持ちでAleut Paddleをもう一度見直して見たくなったことは事実。

 

さて、2ヶ月後はどうなっていることやら...

 

ただ、Baron-Papaさんが既に同じものを手に入れてるので、何だか真似したみたいでちょっと申し訳ない気持ち...

 

 

| | コメント (0)

2019/07/21

Driving glass by B&L Shooter

東西統一前の西独製Zeiss 7032 Sportsman glassと同じ頃に手に入れた米国Bausch & Lomb社製のDriving glass。

 

E4677fd2968745388b550b92bcacfec8

 

先日買ったような偏光レンズでは無いが、上方向からの遮光性を維持しつつ運転中のメーター類の視認性を確保するために、ライトブラウンのレンズの上半分のみに薄い(殆どわからないくらいの)ミラー処理が施されている。

 

フレームも光の反射を抑えるためにゴールドではなく黒で統一されていて、 左右のレンズ幅を狭く且つ強度を上げる為にレンズ枠とトップブリッジの3点を接合する直径9mmのリングが配置された所謂シューティングタイプを採用。

また、激しい動きにもズレたりしないように、テンプルも耳に巻き付くワイヤーケーブルとなっていて、Driving用と言ってもあくまでもスポーツ向けにデザインされたモデル。

 

 

87b18ef2e6e440b19152b64ed316ad21

米国の光学機器メーカーであるBausch & Lomb(ボシュロム)社製であることを示す刻印。

 

9827e6e1ce2c43bb82798b0dbea24c4a

強化ガラスの縁にはメーカー名の頭文字であるBLの文字が刻印されている。

 

その後、コンタクトレンズや眼科手術機器に特化するためにブランドを売却してしまうことになるとは夢にも思わなかったが、半世紀以上も前に空軍パイロットの要請で開発され、光線を遮断すると言う意味で名付けられたこのブランドは、80年代当時の若者にとって西独Carl Zeissや同じく米国のDECOT社などと並んで憧れのアイテムであった。

 

レンズには多少傷もついてしまい、またデザインも今時では無いので使う機会は減ってしまったが、購入して30年以上経った今でもまだまだ使えるコンディション。

 

新しい偏光レンズを買ったのを機に久し振りに引っ張り出してみたが、古くてもやっぱり良いなぁと実感。

 

昭和生まれでしか理解できない価値だろうけど…

 

 

 

| | コメント (0)

2019/07/16

偏光グラス新調

5年ぶりに偏光グラスを新調。

 

0a7a265c6e45413f9d18ae0235650240

まだ米国BAUSCH & LOMB社製かと思っていたら、10年くらい前にイタリアのメーカーに売却されていたのだとか...

米国らしいと言えばそれまでだが、レンズの端に小さく刻印されていたBLロゴがないのは少しさみしい。

ただMADE IN ITALYとなっても、歪みの少ないガラスレンズの絶妙な曲面と細いメタルフレームの組み合わせの優雅さは流石。

 

今使っている偏光グラスのSMITHもまだまだ現役で、コーティングが劣化したような不具合が発生した訳ではない。

ただ、プラスティックによる海洋汚染が深刻な中で、レンズやフレームがプラスティックなところが何となく後ろめたくなっていて、昔ながらのガラスレンズ+メタルフレームの偏光グラスが欲しくなったのがきっかけ。

 

西独時代のCarl Zeissは、メタルフレームではあるものの、レンズはやはりプラスティック製だし、それに偏光グラスでもないので、海や車の運転ではちょっと使いづらい。

 

ガラスレンズとメタルフレームはもしかすると海では使い難いかもしれないが、使うのが楽しみなアイテムがまた一つ増えた。



 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/06/16

Shooting training

大雨を降らせた低気圧が抜けて快晴の日曜日となったが、海はまだ荒れているだろうから、今週もカヤックはお預け。

 

代わりに最近手に入れた玩具でインドアシューティング。

 

09c862aa983b4137b52411966cd9414a

Amazonの段ボール箱を使ってのshooting training。

弾はエアガン用の6mm BB弾。

 

結構バラけてしまっているが、慣れるに従って少しずつ着弾が纏まってきた感じがする。

 

標準で付いていたシングルのフラットバンドをダブルに付け替え、引きを強くしたりして色々試してみる。

 

ただ、威力を上げようとして引きを強くすれば良いと言う訳でも無さそうで、結構奥が深い。

 

参考情報:Slingshot Band Speed Test

 

構えた時に安定して狙いがブレないのが一番大事。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/06/09

Wood & Aluminum hybrid body

made in USAのTOPSが刃物用綱の#1095 Carbon Steel製なら、made in Germanyのこちらは攻撃的要素を捨て、軽量なアルミボディを両側からクルミ(ウォールナット)でサンドウィッチしたハイブリッド仕様。

 

Fullsizeoutput_1756

 

シンプルな作りではあってもやはり無骨なイメージを払拭しきれない米国製品に対し、仏蘭西ほどでは無いものの「木」という自然素材を巧みに使い、握りやすく尚且つ構えた時にアームサポートが無くてもエラスティックの反発力に逆らってボディをしっかり保持できる機能性を追求した美しさは、流石独国(欧州)デザインと思わせてくれる。

 

Img_3588

 

30年以上前のまだWest Germany時代のZEISS製保護グラスと一緒に。

遊び道具とは言え、目を保護するグラスは必須。

 

GerberのFolding Hunterと同じクルミのハンドルは手に良くなじみ、持ったときの心地良さは格別。

 

海外の動画で偶然見つけて、どうしても欲しくなり、メールで問い合わせて日本まで発送してもらった甲斐があった。

 

How to make ...

 

たかが〇〇、されど〇〇。

 

海外には面白いものが沢山あるなぁと...

 

 

| | コメント (0)

2019/06/02

TOPS MADE IN USA

米国からやってきた昔懐かしい大人のオモチャ。


230bb69ac1dc4be097258bff7f09b65e

素材は米国規格#1095 Carbon Steelにハンドル部分は米国Duponのブラックキャンバスマイカルタ。

D6f3864c60f1443a9895bfba57706988

#1095炭素鋼は他のツールと同じくHRc56〜58に焼入れされて、強度も充分。

この手の商品にしては珍しく、ベルトに装着できる専用のレザーケースが付属している。

フィット感は兎も角、ぶ厚く良質な牛革を贅沢に使った高級感のある作り。


7c68aebbc286404cb3c49853a0dd24f3


元々このメーカーのカッティングツールはデザインが過激なので個人的には決して好きでは無かった。

ただ、偶々見つけたこの大人の玩具だけは、ここの社長が古き良き時代だった頃の童心に戻って遊べるあくまでも玩具としてデザインしたと言うだけあって、シンプルなデザインで一目見て気に入ってしまったもの。

今の時代だと遊ぶ場所にも充分な注意が必要があるが、子供の頃に近所の空き地で遊んだのを思い出に浸るのも悪くない。



| | コメント (0)

2019/05/12

GERBER V-STEEL

かつての米国GERBER社が1980年代のある時期にのみ、自社のFolding Sportsman IIの440Cステンレス綱に代わってオプションとして採用していた炭素合金系の冷間金型用鋼の一種。

 

正確にはVascowear綱と言い、高炭素含有量であることは勿論、モリブデンにバナジウムを添加することにより耐摩耗性と靭性を高め、焼き入れ硬度は440CのHRc=57-59よりも高いHRc=60程度と、当時のGERBERお得意のM2高速度綱:HRc=60-62とほぼ同程度の硬度を誇る。

当時のGERBERのカタログには、"Its special high speed tool steel(高速度綱)"と謳われているが、実際はセミステンレスの代表格D2綱より少し耐摩耗性が高い程度と思われる。

Img_3538
GERBER 09/84カタログより

 

残念ながら、1987年にフィンランドの大手刃物メーカーFISKERSに買収されたのと同時期に廃盤となってしまい、同じく1968-1974年頃に生産されていた同社初のFolding Hunter同様に現在では入手困難な1本となっている。

 

Img_3537

Vascowear(V-STEEL)綱を用いたGERBER Folding Sportsman II。

リカッソと呼ばれるブレードの根元部分へと続くグラインド部分が緩やかな方(下)が初期に生産された前期モデルで、いつ頃に変わったかは不明であるが、後に直線的な段差がある形(上)に変更されている(所謂後期モデル)。

他のモデルもそうであるが、経営悪化に伴い1980年頃から徐々に品質が悪くなって行くのがこの時期のGERBER製品の特徴だが、V-STEELモデルも例外ではなく、前期モデルの優雅なグラインド具合やエクスキャリバーや裏の"PORTLAND. OR. 97223. U.S.A."の刻印具合も綺麗でしっかり手間を掛けているように見える。

 

当時はM2高速度綱を採用したFolding Hunterが既に廃盤から10年近く経っており、高額なプレミアから入手は非常に困難だったこともあって、他メーカーも含め唯一の非ステンレス綱を使ったFolding knifeとして貴重な存在であった。

 

ただ、後に入手したM2 HS綱のFolding Huneterと比べてしまうと、耐食性に劣る炭素鋼ブレードむき出しのV-STEELに対し、Folding HunterのHS綱には更に防錆のために分厚くクロムメッキが施され、またハンドル部分に関してもBuck #110を意識した真鍮にマイカルタを埋め込んだ薄いハンドルであるのに対してFolding HuneterのそれはFIXブレード最大のマグナムハンターと同じようなトーマス・ラムデザインの重厚なウォールナットハンドルが奢られているなど、手間の掛け具体や道具としての温かみなどを見ると(工作精度の差は別として)個人的にはやはりFolding Hunterの方が好みである。

 

P7030005

高速度綱(HS)ブレードと440Cステンレス綱(S)ブレードのFolding Hunter。

人によって評価が別れるようだが、トーマス・ラムデザインによる、まるで拳銃のグリップのような手に良く馴染むウォールナット製のハンドル、強度があるのでアウトドアナイフとしては異例とも思える薄く仕上げられた薄刃がもたらす切れ味、抜けの良さなど、個人的には絶品と言っても過言ではない。

 

 

今の時代、ナイフと言うと直ぐに凶器と見なされ肩身が狭い存在だが、自分がまだ小さい頃は所謂肥後守などの小型のユーティリティ刃物が身近な存在で、近所の大人から鉛筆の削り方や竹とんぼの作り方など教わったりして、刃物との付き合い方をしっかり教育していた時代であった。

 

何とかクラフトは別として、今時のキャンプではナイフを使う機会も少ないが、もっとシンプルな道具として刃物が身近な存在に復権することを願う今日この頃である。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧