2019/05/14

踏み間違え事故に思う事

アクセルとブレーキを踏み間違えた事故のニュースが後を絶たない。

 

踏み間違えの原因は色々だろうが、一つ言える事はその殆どがAT車であると言うことだろうか...

 

7a6cfa17a16d4f9fb66e599673d8a09b

私の愛車はMT車なので、アクセルとブレーキ以外にもう一つクラッチペダルがある。

昔はこれが普通だったのだけど...

因みに左端はフットレスト。

 

基本的に人間はミスを起こす生き物なので、MT車だからと言ってペダルの踏み間違えを起こさない訳ではない。

ただ、ブレーキと間違えて慌ててアクセルを踏んづけてしまった時、マニュアル車なら直ぐにエンストして車が止まってしまうのに対し、AT車だとエンジンが止まるどころか逆に加速し続けてしまうために、悲惨な重篤な事故に発展してしまうのだと思う。

 

つまりMT車のほうが、所謂フェイルセーフ設計に近いと言えるのである。

 

対してAT車は、運転者がミスをしても無闇に止まらない(動き続ける)ようになっているので、フェイルセーフの考え方からは程遠い、真逆の設計思想であると言える。

 

更に近年では、この踏み間違え事故を防止するためにさらなる自動の安全装置を付けたりしているが、これにしてもこうした安全装置が故障したり上手く機能しなかった時には、ちゃんと自動車が安全に止まるように設計されているのかどうかは甚だ疑問である...

 

勿論、MT車特有の危険性もあるので、一概にMT車の方が安全と言うつもりはない。

 

しかし、機械が勝手に操作することに慣れてしまうと、いつか大きなしっぺ返しが来るかもしれないと不安で仕方がない。

 

 

| | コメント (0)

2019/05/12

たまにはこんなイベントに...

参加してみようかな...

 

6月2日(日)店舗イベント”フォールディングカヤックの旅で必要なコトとモノ”

 

Foldingkayakの単独ツーリングもある程度できるようになったと思うけど、滋賀の大瀬さんとは2003年のKahuna購入以来だが普段は会う機会がなく、昨年の西表島でもニアミスしていたのを後で知ったしで、久し振りに会って見たくなった。

ニアミス

 

最近はCetusさんもSUPのイベントが主体になり、カヤックオーナーが集まる機会が少なく寂しい限り。

 

たまにはこういうイベントにも参加してみるかな。

 

| | コメント (0)

2019/05/05

初めてのfield archery

連休も残すところあと二日。

 

 

いつもカヤックで懇意にして頂いている吐月工房氏からお誘いを受け、初めてのfield archeryを体験。

 

Wikipedia:フィールドアーチェリー

 

花のやまフィールドアーチェリー

 

 

吐月工房さんから懇切丁寧にレクチャーを受けたこともあり、初めてのアーチェリーではあったが、1ラウンド14コースの初心者&レンタルボウクラスを午前と午後の2回まわり、森林浴と適度な山歩き&擬似ハンティングのちょっとワイルドな気分を味わうことができた。

 

まずは5m, 10m, 15mの各レンジで初練習。

 

9c6ffd290183429ab5cf0bc7dda37b83

初心者用の大きな的は自分。

 

E2478b95336543ca9952c62c3f718d4c

ベテランの吐月工房さんはより小さな的で...

 

当たり前なのだが、良くこんな小さな的の中心に当てることができるなと暫し感心。

 

 

F95daecd20c74064b4d439b4b49bf007

 

フィールドでは写真を撮る暇など殆ど無かったので、今回唯一のフィールドでの写真。

 

50m先の小さな的を狙う吐月工房氏。

直に見るとメチャ格好いいです。

 

自分の初心者&レンタルコースだと最長20m。

 

これでも随分遠く感じるのに、良くあんな遠くの小さな的の中心に当てることができるなと、感心しっぱなし。

 

2718d823102941f7a68f7e34ee24dab8

 

本日ラウンドしたコース図とスコアカード。

 

スコアの方はまぁ見ないことにして、やっぱり当たれば嬉しいし、外れれば悔しいのはどんな競技も同じ。

 

カヤックとはまた違った楽しさを感じた1日であった。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/28

Double Edge Safety Razor

オールドスタイルついでにもう一つ。

 

Double edge safety razor:両刃式安全剃刀

 

Img_3506

 

所謂、髭剃り用の安全剃刀である。

 

キャンプツーリング中は髭を剃ることはしないが、勤め人であるため普段の生活に於いてはほぼ毎日髭を剃る(シェイビング)必要がある。

 

普段、身だしなみの道具にまであまり気を使うことはなく、髭剃り用の剃刀も長年ドラッグストアで売ってる"2枚刃"とかそう言うヘッド交換式の安いもので済ませていたが、近年は3枚刃とかそれ以上の多枚刃などの高額な交換ヘッドが主流となり、昔の安い交換ヘッドとかが手に入らなくなってきたことから、逆に10枚で500円程度と安く手に入る昔ながらの両刃と呼ばれる安全剃刀へ移行してみたのが始まり。

 

当初は、安い1枚刃と言うことで、宿などで無料で貰える使い捨て剃刀と同様にあまり綺麗に深剃りできないのではないかと不安であったが、試してみると安い割には思いの外切れ味が良く、コツさえ掴めば1枚刃でもしっかりと深剃りができる。

 

色んな機能が盛り込まれた最近主流の多数刃式交換ヘッドと違い、ホルダと呼ばれるヘッド部分に1枚の剃刀が固定されているだけなので、髭剃りの際には繊細かつ微妙な感覚が要求され、少しでも気を抜くと直ぐに血が滲んでしまうほど扱いは難しいが、慣れてくると毎日の髭剃りが楽しくなってくるのが不思議である。

 

例えるなら、車のAT車が電動式や多数刃式の交換ヘッドで、1枚刃の剃刀は扱いは難しいが慣れると扱い自体が楽しくなるMT車に近い感覚がある。

 

できることなら髭剃りなどしたくないのだが、どうせやるなら楽しい方が良い。

 

それも、昔ながらのオールドスタイルに拘ることができるのもポイントが高い。

 

たかが髭剃り、されど髭剃り。

 

結構奥が深いものだと実感。

 

| | コメント (0)

2019/04/21

子育て中?

近頃あまり見かけなくなったツバメの巣。

 

Dscn3580

 

コンビニの監視カメラの上で巣作りとは、今時のツバメも大変だなあと思う今日この頃。

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/07

patagonia repair service

昨年の西表ツーリングの際に岩か何かに引っ掛けたようで尻の部分に小さく破けができてしまったパタゴニアのリバーショーツ。

 

 

Img_3478

 

 

買ったのは確か2003年か4年頃。

かれこれ15年以上も履いていて正直人に見せるのが恥ずかしいくらい薄汚くなっていたので、修理しようかどうか迷ったままずっと放置していたが、先日たまたま立ち寄った丸の内パタゴニアでリペアサービスの事を聞き、今日ダメ元で自宅近くの直営店に持ち込んで見たところ、同様の生地で当て布補修が可能であること、また破損箇所以外の生地もまだまだ充分使える状態とのことで、無事に修理依頼と相成った。

 

修理には約2ヶ月ほど掛かるそうだが、これでまた夏のカヤックウェアとして暫く使えることとなった。

 

正直15年も履いているのでそろそろ新しいのを買っても良いのだが、修理して長く使う事を推奨する姿勢に共感したのも一理ある。

 

そう言えば、10年以上も前だったけどコーティングが剥離したスカノラックを無償で新品に交換して貰った事もあったなぁと...

 

パタゴニアに行ってきた

 

色々アンチも多いブランドではあるが、何だかんだでお世話になっていることもまた事実。

 

ロータス・デザインブランドのスカノラックやPFDなど、シーカヤック用のウェア類が無くなってしまったのが残念である。

 

 

| | コメント (0)

2019/03/17

またしても渋滞中

折角早めに宮川を出てスムーズに走ってきたのに、高速で30分以上も足止め。







大きな事故でもあったかも...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/11

〇〇辞めました

「冷し中華」などを筆頭に、世間では「〇〇始めました」とは言うものの「〇〇やめました」とは言わないのが一般的である。

なので、別に敢えて書く必要も無いのだが、
昨年末頃を最後にSNSを辞めたことを備忘録として記しておく。

特に最近主流の「呟き」とか「顔本」「瞬間写真」なんかについては、あのlike(何故か日本だといいねになる)ボタンとかなんとかタグとか、よくわからない機能や勝手に人を紹介してくるお節介具合が自分には合わなくて辟易してきたことが大きな理由。

あと、「〇〇映え」とか言う社会現象も...


過去にお誘い頂いたユーザーもいるので、そうした人達の投稿が見れないことになってしまうのがデメリットだが、潔くアカウントごと削除したので今はスッキリ気分。


広義にはblogもSNSの一種でもあるのでこのblogもそろそろ辞めどきかと思う事があるが、それはまた別の機会にでも...


満員電車の中で周りへの配慮も無く一心不乱にスマートフォンを弄る人達を見るにつけ、あんな風になってはいけないと反面教師にさせて頂いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

渋滞中

宮川を出て早1時間。





一向に進まない渋滞の長い列。


過去最高と思えるほど酷い...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/14

漸く到着

待つ事3日。

漸く自宅に到着。







注文から2週間、更に言うと在庫切れで入荷まで1ヶ月待ちだったので随分待たされた感がある。


中国メーカーのOEM製品なので、ロゴマークさえ気にしなければ日本のAmazonで同じ物を買う事ができるが、国内価格より4,5千円ほど安く買えたので良しとしよう。

手持ちのステンレス製のと比べると素材だけでなく大きさや形、カップのハンドルデザインなどが異なり、デザイン - 特に広口のマウスやクラシカルなバータイプハンドルなど - 的には今のステンレス製の方が好きなのだが、高塩素濃度かつ高温環境下(要するに海水と焚き火のことね)における耐食性への懸念から、やっぱりTitanium製が安心かなと。







使い勝手などはこれからだけど、とりあえず軽くて金属臭がなく、抗菌作用も期待できるウォーターキャリー&カップとしてステンレス製のと使い分け出来そうな予感である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧