2017/04/29

へぎそば 十日町 由屋

十日町 由屋のへぎそば。





この量でもペロッといけるのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/04

最終日は...

バノック焼いた。



少し焦げてしまった。
お好み焼きみたい。


明日から仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

初詣

昨年の大河ドラマ最終話の舞台となった安居天満宮にて





境内には幸村戦死跡之碑もありました。





毎年通うこの地域の歴史に触れた日であった。


通天閣


阪堺電車
懐かしいレトロな車両







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/08

始まりがあり、終わりがある

Everything has a beginning........and an end.


とうとう、Feathercraftの本国サイトでも恒久的にカヤック製造をクローズしたことが掲載されてしまった。

Feathercraft web page

代理店のA&Fが言うのだから間違い無いとは思っていたが、本国サイトでは特に何も変わったところがなかったので少し期待などしていたが、遂に現実のものになってしまった気がして残念で仕方がない。

クローズした理由の中には、ライフスタイルの変化や航空機への持込制限などもあったようで、やっぱり今時折り畳みカヤックを使って旅をすること自体が時代遅れなのかもしれない。

でも



2006年 加計呂麻



2007年 慶良間



2012年 加計呂麻


2013年 西表島


2015年 隠岐の島


2016年 宮古島

など、一人では大した旅などできなくても、自分の力でkayakと共に日本の海を歩き寝泊まりした経験は今では何物にも代え難い貴重な財産となっている。

Feathercraft歴は僅か13年半しかなかったが、世界最高のkayakを40年間作り続けてくれたダグさんに改めて感謝である。

恐らくkayakの製造はやめても、バンクーバーの自宅でいつまでもFeathercraftを漕いでいる事でしょう。

新たな始まりと共に、いつかまたダグさんにお会いできる事を期待して....



Doug Simpson
2004年秋 奥松島でのFeathercraft Meetingにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/12

再会

小春日和の週末、都内某所。

昔、moss tents 繋がりで何度か遊んで頂いたキャンプの先輩と約10年ぶりに再会。

敢えてイニシャルやHNは出さないけど、その筋では相当に有名な方なので久しぶりの再会に緊張していたが、会ってみると全然変わらず、昔と同じように気さくに接して頂き感謝。

さすがに当時のままと同じようにアウトドアができている訳では無いけれど、それぞれ違った形でまだアクティブに活動していることがわかり、短い時間だったけれど、良い刺激を受けた休日のある日の出来事であった。


暖かい時期になったらまたキャンプでもしましょうと約束してそれぞれの家路につきました。

貴重な時間とお土産を頂いたこと、この場を借りてお礼を申し上げます。
また遊んでやって下さい。



昼飯後、スタバのオープンテラスに移動してしばし談笑。
テーブルの上にあるのはお土産に頂いたULなアルコールストーブ。
その脇にはmoss stardome IIIのポールに合う12.45mmODサイズのブランクセクション。



先日の秋キャンで真っ二つに折れてしまったSD-IIIのポールと今回頂いたブランクセクション。
どちらも米国easton製。
これでSD-IIIの再生を試みる予定。


アルコールストーブは某ULブランドで販売されているのとほぼ同じ。
早速自宅で湯沸かししてみたが、トランギアよりも扱いが簡単なように感じた。
静かなのに充分な熱量で、ポットの水も直ぐに沸いた。


今は無きmoss tentsだが、mossを通じて知り合えた人との繋がりが大事な財産になっている。

Feathercraftも、それ自身が優れた道具というだけで無く、ユーザー同士の繋がりが最大の魅力だと思う。

それが良い道具を作るブランドの条件であろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/25

家事手伝い

本日のランチ兼オヤツ。





少し焦げてしまったが、まぁまぁフワフワに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/22

America's cup

珍しく民放でAmerica's cupの番組をやっていた。

15年ぶりに日本からも参戦しているみたいで、11月には福岡でアジア初のレースが開催されるのだとか。



昔の1対1のマッチレースではなく、全艇一斉にスタートするフリートレース方式に変わっていた。
今はマッチレースじゃないんだ...


自分の中では1987年のフリーマントル大会まで使われた12mクラスやその後のIACC統一規格までがAmerica's cupらしいヨットデザインで、今のカタマランは余りに斬新過ぎて全く興味が湧かないのだが、これも時代の流れなのだろう。

確かにスピード感はあるけどね。
でも、あのトランポリンはやっぱり好きになれない...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/09

池間島

昨日までの強い南西風も収まったので昨日まで漕げなかった南岸あたりを漕ごうかと思っていたが、前浜でチェックした時に西の空にある暗雲がこちらに向かって来ているのが見えたので、昼過ぎの大雨予報は当たりと確信して今日はカヤックを止めて雨の影響が少なそうな池間島に向かう。


途中、海中公園に立ち寄り、まだ波の影響が残る海中を覗いてみたり、





遠く、宮古島当たりに被さる雨雲。


駐車場に収まりきれない「わ」ナンバー車が路上に溢れ、店の前に平然と行列ができるほど東京の有名店に負けず劣らずの「ガイドブックに載っている」◯◯が有名な△△食堂を尻目に、偶々出くわした地元のお洒落なレストランで宮古牛を使った煮込みハンバーグで昼食したり、





その店で会話が弾んだ(年齢が自分より20歳以上も先輩な)素敵なご夫婦に教えて頂いたスノーケルポイントで色鮮やかな枝珊瑚群を堪能したり、





帰りには池間島地区で執り行われている「ミャークヅツ」のお祭りに出くわし、暫く地元の人々の集いを眺めてみたり、






と、カヤック旅だけでは実感出来なかった宮古島の良いところを堪能する事が出来た。

こうして見ると、宮古島も良い所である。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/08

備忘録

宮古島はどこでもネットが通じる。

夜、暇なので天気予報をチェックし終わるとついネットで別のサイトを見てしまう。

特に、SNSサイトは目の毒なのでなるべく見ないようにしているが、ああ言ったサイトで楽しそうにor便利そうに写真でアップされている様々なキャンプに関わる便利グッズも、結局今回の旅では殆ど使われる事なく終わってしまいそうなものばかりだった。

特にカヤック旅では本当に必要な物って数えるほどしかなく、あったら便利そうとか、これ使ったら格好良いかも、と言った類のものは殆ど使われる事が無かった。

むしろ、天気を読んで、いざとなったら「カヤックを畳んで陸路を移動」なんて時には、荷物は少ない方が良いに決まっている。

もう何年同じ過ちを繰り返してきたのやら...

忘れないうちに、本記事を備忘録として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

オーナーズミーティング

FeathercraftやGregoryなど、海外のアウトドアブランドをいち早く日本に紹介してきたA&Fでこんなイベントが予定されているみたい。

HILLEBERG オーナーズミーティング

HillebergもA&Fの赤津さんが10年以上前に日本に紹介して、特にGregoryやFeathercraftを使うユーザーに支持されて徐々に広まったたのが最初ではなかろうか。

自分も、Hennessy Hammockなどと同様に、Feathercraftを扱うshopやイベントなどで紹介され、実物を見るに従いその良さがわかってきて欲しくなったクチである。

特に、メッシュインナーがオプションで用意されるようになり、南の島や暑い時期でも快適に使えるようになったのが大きい。

自分のAktoも、オプションでメッシュインナーが出て直ぐに手に入れたもの。当時のはまだ黄色のメッシュインナーであった。



我が家のHilleberg達。
Tarp 10ULは一番最初に買ったもので、タグがまだレザーの頃のもの。生地の色が随分変わってしまった。
Aktoは自立しないので買うまでに中々踏ん切りがつかなかったが、今ではメッシュインナーの組み合わせで一番のメイン装備。

Feathercraftユーザーにも多くの支持者がいるHilleberg tents。オーナーズミーティングとかだと凄いテントが一杯いて、こんなソロ用装備だけでは肩身が狭いかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧