2018/02/07

C. C. Filson Mackinaw Cruiser

先日久し振りに職場近くのアウトドアショップで表題のMackinaw Cruiserが20%引きで売られていたのを発見。


Filson Mackinaw Cruiser

色はフォレストグリーン。

でも、触ってみると“Mackinawってこんなにペラペラで薄い生地だったか...”と思うほど安っぽい作りでショックだった。


単なる思い込み或いは気のせいかもしれないが、自分の古いMackinaw Cruiserの方が触った感じでも生地にやや厚みがあり、着込んで柔らかく馴染んでいながらもまだまだしっかりした重厚感があるような気がする。

新しくなった黒のタグも何だか妙に洗練され過ぎていて本来の無骨なイメージからかけ離れている気がするし...

未だに現行モデルとして売られている事の方が奇跡に近いが、税込¥58,000-という価格に見合った品質や価値には思えなかった。

その内国内取扱は勿論、生産自体も辞めてしまうのでは無いかと少し不安。

手持ちのMackinawを大事にしようと思うのであった。


冬の定番、FilsonのMackinaw Cruiser。
赤x黒の格子柄が代表的だが、派手な柄が苦手なのでシンプル(地味)なライトグレー。
1平方ヤードあたり26ozの100% pure virgin woolを使用。ウールマーク付。



通常のMackinaw Cruiserに対し、袖と肩が更に2重になったDouble Mackinaw Cruiser。
1平方ヤードあたり24ozと少し生地が薄くなっているがズッシリと重く、正に森林警備隊のような労働者のためのジャケット。
20年以上前に国内某ショップで通常のMackinaw Cruiserと同じ値段で売られていたので即買い。

いずれのサイズも自分には大き目のUS40を洗濯機で洗って縮ませたので凡そUS38位のサイズ感。


軽さと保温性で言えばダウンが一番だし、強度で言えばワックスドコットンなどに敵わないが、水に濡れても保温性を維持し、焚き火なんかにもある程度対応できるなど、余程厳寒地でも無い限り、冬の衣類としては断然ウールが良い。



ここ数年は休日は殆どA-2やG-1と言ったレザージャケットばかり着ていたが、通勤や寒い時期にはやっぱりウール素材のアウターが手放せない。



かれこれ30年以上前に弟と物々交換で手に入れたgloverallのDUFFLE COAT。
着る機会は減ったが今でも現役。



英国ではReaferJacketとも呼ばれるPEA COAT。DUFFLE COATもそうだが、もともと寒い地方の漁師や船乗りのための防寒具が原型。
1平方ヤードあたり32ozのメルトンはMackinaw Cruiserの24〜26ozの凡そ1.5倍の厚みに相当。ダブルブレストの効果も相まってシングルブレストのDouble Mackinawよりも暖かく感じる。



学生の頃に来ていたShottのPea Jacket 740N。32ozメルトンに裏地にキルティング加工がされていて重厚な作り。
一度手放したが昔を思い出してヤフオクで安いのを入手。昔は安かったが、最近のは高くなってしまってちょっと手が出ない。


DUFFLE COATもPEA COATも今ではすっかり街着として定着しているが、どちらも船上という厳しいアウトドア環境で使われてきたものなので、自分の中ではちゃんとしたアウトドアウェアなのだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/02

新年恒例

毎年恒例の新世界巡り

エッフェル塔もどき



お馴染みの串カツにビール



新年の始まりはいつもここ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

今年もあと僅か

今月初めに強風の中をチョロっと漕いで退散したのを最後に、結局その後漕ぎ納めも出来ずじまい。

今年はGreenland styleのKhatsalano-Sも新たに加わり、台風接近で不本意な結末にはなってしまったが何とか西表島もKhatsalanoでツーリングすることができた。

最後にショボい漕ぎで終わってしまったのは情けなかったが、来年もKhatsalanoで精進できると良いな。



photo by Baron- papa san


2018年も良い事がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

一足早くメリークリスマス

昨夜はmoss tentsやfolding kayakなど私の外遊びの師匠であるWilly家に招かれ、一足早いクリスマスパーティーを楽しんだ。



メインディッシュのラムチョップ。
オーブンでじっくりと焼かれた子羊の肉は柔らかくジューシーでとても美味しかった。


大きくなった息子のM君から拘りのシングルモルトウイスキーを頂く。
安いバーボンやカナディアンしか飲んでないのでちょっと贅沢した気分。
M君ご馳走さま。




クリスマスケーキ


今年は外でご一緒する機会も無く、ほぼ一年振りの訪問になってしまったが、これからも末永くお付き合い頂きたい。

来年も宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/25

Type G-1

Jacket fryer’s type G-1



USAAFのA-2ではなくUSN Aviater‘s JacketのG-1である。

思えば30年程前に映画「大脱走」(The Great Escape)のSteve McQueenに憧れてW&GのA-2を手に入れて以来、レザーと言えば馬革のA-2以外にあり得ないと思っていた。



映画「大脱走」でのSteve McQueenとA-2。
1963年公開の古い映画だが今でも格好良いと思っている。


さらに言えば、30年前の80年代後半当時、某ハリウッド映画の影響で巷に溢れるエンブレムペタペタな、しかも派手なだけで素材もチープなシープスキン(決して高級なラムスキンでは無い)のG-1もどきやA-2もどきが何とも嫌いで、映画や俳優自体は好きだったけど、その時の“もどき”ジャケットのイメージでUSNのG-1にも偏見を抱いていた。


ただ、数年前の故JFKが愛用したG-1のオークション記事でG-1の事を改めて見直す内、素材の山羊革(ゴートスキン)が実は馬革にも劣らないほど丈夫でしなやかな高級素材であることや、背中のアクションプリーツや脇のマチなどジャケットとしてはA-2とは真逆の良さがあることもわかってきて、今までA-2一辺倒だったのに一度終止符を打ってみた。






Aero LeatherのA-2と...
同じシールブラウンとなっているがA-2と比べると限りなく黒に近いG-1のカラー。




ファスナーのウィンドフラップにはUSNのパンチングが施される。



A-2には無い内ポケット。
二つ折りの財布を入れるにはちょうど良いサイズ。



左パッチポケットにペンスロット。
これもA-2には無い仕様。
使わないけど...





Grip SwanyのG-1 & Breitling Navitimer #806 Chronographと一緒に。


ボタンダウンカラーのA-2に対し、ムートンカラーのG-1 は所謂現場作業用の防寒着にしか見えずやや重たい感じがするが、これからの寒い時期でも気軽に羽織れることを期待してA-2との使い分けを楽しみたい。


追記

先日TV録画していた怪獣映画のワンシーンで日本の女優がG-1を着用していた。





まぁ役の設定やストーリーなどは兎も角、映画でG-1が登場したのは30年前のあの映画以来だったので意外であった...
ただもし着替えが用意できなくて横田基地でジャケットを借りたと言う設定なら、横田基地はAir ForceなのでA-2ならわかるのだが、USNのG-1は無かろうと思ったのは自分だけだろうか?

そう言えば先日横田基地に来日した某国大統領は演説の際にA-2を着用したとか...

個人的にはあまり嬉しくないと言うのが本音である...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

食後酒とデザート

チリ産ワインにイタリア産プロシュット。

チーズはスイス産グリエールにフランス産ミモレット。





Laguioleのカッティングナイフで少しずつ削って頂く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

18号のその後

台風18号はその後針路を東寄りに変えたことから、12日の高速船は最終便のみが欠航となっただけで、あと1日はツーリングを続けられたかも知れない。





ただ、昨日は石垣島も日中は天気が良かったものの夜から荒れ始め、既に宿はどこも一杯で予約が取れず、今日は飛行機が全便欠航となっている。


明日のフライト予定は不明だが、台風の勢力が強く針路も更に東に変わる見込みなので欠航の可能性は充分考えられる。


昨日の朝の時点ではまだ穏やかな天気だったのでチョット迷ったが、午後からの航空便は既に満席&キャンセル待ち状態が発生していて振替便を取るなら早目に動く必要があったことから、結局最悪のリスクを回避するため昨日の午後一の振替便で石垣島を後にした。


この判断が良かったのかどうかは判らないが、結果として今年の短い夏休みもこれにて終了。


出発地である上原まであと残すところ10kmほどであるので不完全燃焼と言うかチョット悔しい気持ちがあるが、自分の実力がこの程度であったと諦めるしか無い。


ただ、途中で艇を畳んでやめる事ができるのもFolding Kayakの利点の一つであるので、ある意味この特性を活かしたツーリングであったと言えなくも無い。


次回こそは良い天気でありますように...




2泊目の鹿川湾にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

3年ぶり

3年ぶりにやって来たけど、感慨に耽る暇もなく宿でカヤックとキャンプ道具を受け取り、陽射しと暑さで汗だくになりながらカヤックを組み立てる。

事前のシミュレーションと違い、現地でのパッキングは中々思うように行かず結構焦る。

更に食料や飲み物も積まないといけないのにこんなので大丈夫なのかとチト不安。


などとやっているとあっという間に日が暮れて、慌てて食堂に駆け込み最後の晩餐会。




カヤックの写真を一枚も撮っていないことに今気がついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石垣空港に到着

バスが出た後だった。

少し時間待ち。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

那覇行きは若者達で大賑わい

昨日まで仕事に忙殺されていたのが信じられないくらいここは既に旅行者で一杯。





コーヒーを買うこともできないほどの混雑。


これから乗る飛行機。





何とか手に入れた夏休み。

さてどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧