2014/10/19

WRX STi

カタログだけもらってきた。



「ちゃんと左脚も仕事しなさい!」と言わんばかりのクラッチペダル。



いいな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/18

六連星カフェ

久しぶりにディーラーに行ったら、サービスドリンクのメニューが豊富になっていた。



SUBARU CAFFE

思わずカフェラテを注文したら、六連星のデコレーションが出てきてチョットだけ感動。





BRZにWRX STi...欲しい車が一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/31

2014年で廃止だと

今朝の読売新聞やネットニュースより。

1383214705298.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131031-OYT1T00214.htm

トヨタ傘下になって米国市場向けに車体が大きくなった現行モデルは好きではなかったが、廃止となると流石に寂しい。

B4やアウトバックは残るらしいが、「レガシィはやはりツーリングワゴンでしょ!」と言いたい。

今じゃ希少なMTもなくなってしまうのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/16

夏タイヤ

冬タイヤに続いて夏タイヤも新調。

結局、夏も冬もブリジストンで落ち着いてしまった。

1363440871856.jpg

都会にいるとあまり乗る機会がないが、維持費だけは掛かってしまうのが辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/13

BRZなう

実物はやっぱり格好いいな。

セカンドカーが買えるような御身分なら即買いなんだが...

1336891569716.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/24

エコラン自己ベスト

P8242295

途中2度の睡魔に襲われ、車中で3時間程仮眠をして深夜に自宅着。

宇都宮手前の20km渋滞と環八でのStop & Goにも拘らず、エコラン自己ベスト更新。

ETC割引で通行料金は往復3,000円ちょっと。これは助かる。
燃料消費も、最近のエコカーには到底敵わないが、なかなかの値。

往復1,100kmの距離は気軽に行けるかどうか微妙なところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/15

7人乗り3列シート

Dsc00200
3列シートでも意外にちゃんと座れてビックリ。
さすがに足元は狭いけど。。。

2年半を経過したレガシィは特にトラブルもなく順調。

ただ、半年後の車検時には下回りの防錆処理を行う必要があるかも。

壊れたラゲッジトレイの取っ手は、その部分の部品を取り寄せてもらうことに。
重い荷物を積んだまま、トレイを持ち上げようとした自分が悪いのであるが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/21

SUBARU IMPREZA WRXのミニチュアカー

大幅にモデルチェンジされてしまったインプレッサ。

デビュー当時のGC-8は、そのスタイルとWRCでの活躍に憧れて、1995~2006年まで僕の愛車であった。

P7210039
1995年ポルトガルラリー優勝車。カルロス・サインツ,ルイス・モヤ組。
間違ってコリン・マクレー,デリック・リンガー組のステッカーになってますが...恥

かつての愛車GC-8インプレッサをベースにしたグループA仕様のラリーカー。
もちろん実車ではない。1:43レジンキットにて製作したミニチュアカーである。

自分が乗っていたからというのもあるが、やはりGC-8のスタイルが一番好きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

New IMPREZA

インプレッサがモデルチェンジに伴い5ドアに統一されたようである。

WRXのグレード名も廃止になっていてちょっと寂しい。

そのうちSTiモデルをリリースする予定なんだろうが、一時期ほどこの車種に対する思い入れが無くなってきていることを実感する。
BP-5とは直接比べることができないが、最近の世界ラリー選手権での低迷振りなどを考えると、ある程度仕方ないかなと思う。車としては決して悪くは無いのだが。

P7140001
BP-5の18ヶ月点検時にディーラーで貰ったインプレッサのミニチュアカー。BP-5に慣れた目には5ドアは違和感たっぷりだが、こういうのが今時のスタイルなのかなと思う。

追記

台風4号が九州に上陸したようだ。
Granstreamの大瀬氏はじめ、フェザークラフトユーザーが昨夜から五島列島入りしているはずなのだが、果たしてツーリングのほうは大丈夫だろうか。
まぁ大事に至るようなことはないだろうが、折角のツーリングなのにこの天気では...
参加者の気持ちを察する次第である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/29

レガシィ、次期モデルはALL鋼板パネルか?

前々から新聞に出ていたけど、来期フルモデルチェンジを予定している新型レガシィ,インプレッサ,フォレスターにはこれまでのアルミ外板パネルの使用をやめ、全面亜鉛めっき鋼板になってしまうようである。

以下、NIKKEI NETより引用
http://car.nikkei.co.jp/news/business/index2.cfm?i=2006122400104c0

富士重、新型車でアルミ製外板の使用中止   
   
 富士重工業は2007年度以降に全面改良する車種や新型車で、アルミニウム製外板パネルの使用をやめる。アルミ価格が4年前に比べ2倍以上の水準で推移しているためで、今後は亜鉛めっき鋼板に切り替える。アルミは車体の軽量化と燃費改善を目的に、高級車やスポーツタイプの車で比較的多く使われている。価格高騰でアルミ使用の見直しが他社に広がる可能性もある。

 富士重は07年度以降に「インプレッサ」「レガシィ」「フォレスター」を順次、全面改良していく計画で、改良に合わせ外板でのアルミ使用をやめる。アルミと鉄の鋼板では金型が異なるため、今後アルミ価格が下がっても使用しない。 

引用終わり

別にアルミが良くてスチールが悪いと言う訳ではないが、軽量化は運動性の向上だけでなく、燃費の改善などメリットも多い。アルミ価格の高騰とは言え、今よりも車重が増えるようでは本末転倒、魅力も半減してしまうなぁ。

ここはひとつ、富士重工にがんばってもらって、スチールボディでも充分な軽量化を達成してもらいたいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)